お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

これでバレちゃう? 「好きな男性」と「興味ない男性」との接し方の違い

ファナティック

好きな男性ができると、つい行動や言葉にまで、その気持ちが表れてしまうものですよね。気持ちを分かってほしいと思うからこそ、態度にも変化が表れてしまうのでしょう。そこで今回は女性のみなさんに、好きな男性と興味ない男性では、接し方でどう違いがでてくるのかを教えてもらいました。

笑顔かどうか

・「好きな男性には笑顔でいるが、興味のない人は笑いが引きつる」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「笑顔が露骨に減る」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「笑顔になるかならないか」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

好きな人の前では、とびっきりの笑顔を見せたいと思うものです。しかし一方で、興味ない男性に対しては、笑顔すら出てこないこともありますよね。露骨すぎるのも考えものかもしれません。

目を見て話す

・「好きな人は、目を見て話す」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「接し方は同じだが、好きな人だと目を見て話すかも」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「目を見て話すか話さないか」(32歳/金融・証券/営業職)

好きな人と話をするときは、じっと目を見つめてしまうものですよね。自分の気持ちに気づいてほしいと考え、無意識的に目を見つめているのかもしれません。

話を聞きたい

・「好きな男性はいろいろ話を聞きたいが、興味のない男性とは最低限のやりとりだけで済ませたい」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「話を盛り上げようとするか、早く切り上げようとするか。好きな人と話すときは相手の目や顔をしっかり見て話す」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「相手の話への聞き方が、好きな人は一言一句逃さないようにするが、普通の人はそうでもない」(27歳/金融・証券/営業職)

好きな男性のことは何でも知りたいと思うので、どんな些細なことでも話を聞きのがさないよう、一生懸命聞くものです。興味がない男性だと、何も知りたくないと思ってしまうので、さっさと話を切り上げてしまうのでしょうね。

話しかける

・「自分から話しかけるかどうか」(24歳/機械・精密機器/技術職)

・「好きな人だと必然的に一生懸命話してしまうかも……と思う」(32歳/不動産/専門職)

・「好きな男性には、自分の話を聞いてもらいたいからはっきりとしゃべるけど、そうでない男性には聞き取りにくい声でしゃべる」(25歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

内向的な女性だと、自分から男性に話しかけるのは勇気がいるものですが、好きな人には自然と話しかけるようになってしまうものです。自分のことを知ってもらいたくて、いろいろと話かけるようになるようですね。

まとめ

いつもは男性に対して消極的な女性でも、好きな人ができると、積極的に行動するようになるみたいですね。興味がない男性に対しては、いつもと変わらない行動のままだけど、好きな人にはなるべく良い自分を見せようと、努力をするみたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数150件(21歳~37歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE