お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もしかしてフラれてた……? いつの間にか失恋していたエピソード7選

ファナティック

男女の付き合いに、必ずしも言葉の約束があるとは限りません。言葉なく始まり、言葉なく終わってゆく恋もあるのです。自分でも気づかないうちに失恋していた経験を、社会人の女性に聞いてみました。

どっちが本命!?

・「知人は、実は自分は浮気相手だったことに気付いたと話していた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「彼にいつの間にか新しい恋人がいた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「彼が浮気していると思ったら、もう彼は乗り換える準備をしていた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

まだ別れていないのに新しい彼女を作る男性はけっこういるようです。いったいどっちが本命でどっちが遊びなのかがわからないような付き合い方をしている男性もいるので、付き合うことになったからといって油断は禁物です。

距離を置く=別れだった!?

・「彼と冷却期間を置いている間に、彼に新しい女を作られたことがあります」(31歳/その他/その他)

・「遠距離恋愛になった元彼と」(27歳/その他/その他)

ケンカが増え、価値観の不一致を感じるようになったとき、まずは冷却期間を置くという選択肢を取る人もいるでしょう。ですがこれを彼は別れと捉えている場合もあります。「冷却期間を置く=もうダメだ=新しい恋をしよう」と頭の中で変換されているかもしれません。

気づいたら自然消滅

・「連絡取れなくなって自然消滅しました」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「会話をしないことで温度差が生じる」(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「学生時代、彼氏が急に音信不通になって自然消滅した」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

それまで何の前触れもなく連絡が取れなくなり、気が付いたら会わなくなっていた。これは事実上の別れです。言葉がなくても別れることは可能だということを教えてくれる、ひどい仕打ちです。

まとめ

気が付かないうちに失恋していたというのは、もしかしたら自分がフラれた痛みにも気づかないほど切れ味抜群のナイフで関係を断ち切られていたのかもしれません。気づかないうちに終わる恋では新たな恋に進むのに一歩遅れをとってしまいます。彼の行動に異変があった場合は、放置せずに関係をしっかり見直すことが大切です。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数202件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE