お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

男性が「好きな人に告白しよう!」と思うタイミング3つ

ファナティック

恋愛のシーンでは男性からの告白を待つ女性が多数派ですよね。とはいえ、草食系と言われて久しい今どきの男性たち。ただひたすら待っているだけでは、進展しないことも。では、男性が告白したくなるときはどんなときなのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

■男性も雰囲気重視!

・「2人きりになって、いい雰囲気になったら流れで」(35歳/情報・IT/技術職)

・「一緒に見ている景色がきれいなとき。その感動で、相手もOKしてくれそう」(28歳/情報・IT/技術職)

・「雰囲気。多少酒が入っていないと言えなさそうではある」(31歳/電機/技術職)

ロマンチックな雰囲気を重視するのは女性だけかと思いきや、男性も雰囲気には敏感なよう。シチュエーションや会話などで雰囲気をよくすれば、長い間はっきりしていなかった男性が勇気を出してくれるかもしれませんね。お酒を飲むのも有効なようです。

■気持ちを盛り上げて!

・「なんとなく自分の中で急に盛り上がってしまったとき。どちらかと言えば引っ込み思案なので、そういうときに背中を押されてしまう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「もう自分の思いが爆発しそうなときに、すぐにでも気持ちを伝えたいので」(26歳/農林・水産/技術職)

・「気持ちが抑えられなくなったとき」(32歳/学校・教育関連/専門職)

盛り上がってどうしても告白したい! 自分の気持ちを伝えたい!と思うときはあるんですね。きっかけはさまざまですが、男性のハートに火をつけられればうまくいったも同然でしょう。あとは待っていればOKです。

■脈アリ判定をされておく!

・「好きな人が自分に好意を寄せていると確信できたとき」(27歳/情報・IT/技術職)

・「可能性がまあまああると思ったとき。失敗はしたくないので」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「3~4回目の食事の誘いに乗ってきたら」(32歳/商社・卸/営業職)

女性からも男性に対してきちんと好意を表しておくと、男性からの明るいアプローチが期待できることがわかりました。男性だってふられたり、勘違いは避けたいでしょうからね。

自分からがんばらなくても、割とちょっとしたきっかけで男性から告白しやすい空気を作れることがわかりました。雰囲気を作り、気持ちを盛り上げ、それとなくOKを匂わせる。こういうことが自然にできると告白される機会が増えるのかも。参考にしてみてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]