お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

冬のデートで女子が困ること4選 「鼻水が出て凍ってしまう」ほか

ファナティック

冬は、好きな人とのデートでも外にお出掛けするのも億劫になってくるものですよね。防寒対策はしたいし、かといって彼氏の目に魅力的に映る格好はしたいし。肌が乾燥するから、入念なお手入れも必要だし……。女性のみなさんに、冬のデートで困ったことについて聞いてみました。

外に行きたくない

・「寒くて外に行きたくなくなるときがある」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「寒いので出掛けるのが億劫になること」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「寒すぎで外に出たくなくなる」(30歳/情報・IT/営業職)

冬の一番困るとこが何かと言われると、その耐えきれない寒さではないでしょうか。寒すぎるとつい、外にでかけるのも面倒になり、屋内だけで過ごしてしまうようになりがちです。家デートが続くと、マンネリ気味になってしまいます。

防寒対策がめんどい

・「着ぶくれで太って見えること」(23歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「寒くて着ぶくれする」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「厚着になって、逆に汗をかいたりする」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

冬になると、寒さ対策の一環として、服を厚着するようになるものです。いつもの自分より、体が1.5倍ほどふくれあがってしまうため、太って見えてしまわないか乙女心は憂鬱です。

体が冷える

・「寒いのでからだが冷えてしまうこと」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「寒い足が冷える。デパートなど店内は逆に暑すぎる」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「足元が冷える」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女性は本当に寒さに弱い生き物ですよね。冷え症の女性は、一度手足が冷えて冷たくなってしまうと、なかなか温まりません。足元が冷えすぎてしまうと、指の先が痛くなってしまうこともあるので、要注意です。

鼻水がでてしまう

・「鼻水が出たりする」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「寒くて鼻水が出て凍ってしまう」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「寒くて鼻水が出る」(28歳/ソフトウェア/技術職)

寒い冬は恥ずかしいけれど、鼻水がついてまわるもの。いつでも鼻水をかめるようにティッシュを用意しておいたほうがいいですね。彼の前では鼻水が出ないように祈っておきましょう。

まとめ

冬のデートの困るところは、何よりも身体が冷えてしまうことではないでしょうか。女性は特に体が冷えやすいので、出掛ける際には防寒対策はしっかりしておきたいものです。いつもより少しモコモコになったとしても、彼は可愛らしいと思ってくれると信じましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月~11月にWebアンケート。有効回答数204件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE