お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

意外な結果!! 男性は「ストライクゾーンど真ん中」or「自分を好きそうな女性」どちらを選ぶ?

ファナティック

愛されるよりも愛したいタイプと、愛するよりも愛されたいタイプ、というのは、男女問わずいるものです。男性はよく、狩猟本能から「愛されるより愛したい」。つまり「追う恋」が好きだと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか? そこで今回は男性たちに、合コンでのこんなシーンについて質問してみました。

Q.合コンで出会った2人の女性、どちらにアプローチしますか?

 「好みのストライクゾーンど真ん中の女性」……48.6%
 「あなたのことを好きそうな女性」……51.4%

「追う恋」派の男性が多いかと思いきや、「追われる恋」を支持する男性のほうが若干多いですね! では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「好みのストライクゾーンど真ん中の女性」派の意見>

■追いかけるほうが燃える!!

・「好みの女性のほうがアプローチしたいなあという気になるから」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「玉砕覚悟でも好みのほうを狙う」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「やはり自分が相手を好きでないと、まったくモチベーションが上がらないため」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

狩猟本能が旺盛なタイプなのでしょう。ムリめな女性でも、こういう人は熱烈なアプローチで落とすんでしょうね。

■好みの子じゃないと意味ない!

・「タイプじゃない子と付き合っても長続きしないから」(36歳/機械・精密機器/営業職)
・「自分に好意のある女性がいても、タイプじゃなかったらなんとも思わない」(28歳/情報・IT/技術職)
・「せっかくなら、自分の好みの女性にアタックしたい」(31歳/情報・IT/技術職)

無難な相手と付き合っても、長続きするのは確かに難しいでしょう。好きだと心から思える相手だからこそ、長く一緒にいたいと思えるんですもんね。

では次に、「追われる恋」派な男性たちの意見を見てみましょう。

<「あなたのことを好きそうな女性」派の意見>

■確実性重視

・「どちらかというと、自分に気がある女性のほうが、話しかけたいと思うから」(28歳/情報・IT/技術職)
・「好みのタイプよりも確実にいけそうなタイプを選ぶ」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「そのほうが軽く手にできそうだから」(33歳/電機/技術職)

合コンという場だからでしょうか。「確実に落とせる人をその場で落としたい!」という人が非常に多かったです。質より量派なのかもしれませんね。

■好きになってくれる人を好きになる

・「好きでいてくれるだけでストライクになるので」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「自分に好意を持ってくれる女性と付き合いたいと思うので」(38歳/電機/技術職)
・「愛されたいため」(28歳/金融・証券/専門職)

恋愛に受け身な人って、よく「自分のことを好きになってくれる人を好きになる」って言いますよね。こういう恋愛の仕方もあるのかもしれませんが、タイプは問わないのでしょうか……?

まとめ

「追う恋」が好きだと言われている男性ですが、現代社会においてはちょっと事情が異なるようです。今まで、気になる彼に「ガツガツしている女は嫌かな……」とアプローチを遠慮していた人も、もっとガンガンいってもいいのかもしれません。受け身な彼が恋の相手ならば、積極的にアタックしてしまいましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE