お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

友だちからの妊娠報告! そのときの正直な気持ちって?⇒「悔しい:●%」

ファナティック

仲のいい友だちから「妊娠したの!」と報告されたら友だちとして祝福してあげるのは当たり前ですよね。でも、本当に「おめでたい」とか「うれしい」と祝福する気持ちしかわいてこないものでしょうか。それとも同性としてちょっとした嫉妬心などがわいてくることもあるのでしょうか。今回は友だちから妊娠報告されたときの本音を女性たちにぶっちゃけてもらいました。

Q.あなたは、友人の妊娠をどう思いますか?

「純粋にうれしい」……69.8%
「何となく寂しい」……17.9%
「先を越されて悔しい」……12.3%

友だちが妊娠したと聞いたら純粋にうれしいと思える人が約7割。でも、中には寂しさや悔しさを感じる人もいるようです。では、それぞれの回答ごとにそう感じる理由について詳しく聞いてみましょう。

「純粋にうれしい」理由

・「新しい生命の誕生が、うれしくないはずかない」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「うれしいことだと思う。近くに先に経験者がいたらいろいろ聞けるからいい」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「生まれるのがちょっと楽しみ。赤ちゃんに会いに行ったり、出産祝いを考えるのが楽しそう」(24歳/食品・飲料/専門職)

新しい命の誕生を聞かされてうれしくないはずはないし、ましてや友だちのことなら自分のことのように喜べるという女性も多いようですね。自分のまわりに妊娠や出産の経験者がいれば自分のときにも相談に乗ってもらえそうで心強い。生まれたばかりの赤ちゃんの成長を前もって体験できるというのもうれしくなる理由でしょうか。

「何となく寂しい」理由

・「もう昔みたいに気兼ねなく遊べなくなってしまったと思うから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「気を使うし、使われそうだし、生活が変わってしまうから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「なんとなく、寂しい。もう、ちがう世界の人って感じ」(25歳/不動産/事務系専門職)

友だちが妊娠したということは今まで通り一緒に遊べる時間も少なくなるだろうから寂しい気持ちになるという女性も。結婚や妊娠、出産などを経ると友だち付き合いが疎遠になったりすることも多いので、それが心配なのでしょうね。自分とは別の世界の人という気にもなるみたいです。

「先を越されて悔しい」理由

・「自分が妊娠を望んでいてもうまくいっていないので、友人がすんなり妊娠できたとしたら悔しい」(32歳/その他/事務系専門職)

・「先に結婚して、子どもが生まれて幸せな家庭を築くことがうらやましくて悔しいので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「幸せをうれしがらないといけないと思いつつ、嫉妬してしまう」(31歳/医療・福祉/専門職)

自分より先に結婚して、先に妊娠した。それが悔しいと感じてしまうのは同性だからでしょうか。幸せそうにしている友だちを見ると祝福してあげなきゃいけないという気持ちになるものの嫉妬心がわいてしまうみたい。自分が妊娠を望んでいるのになかなかそれが叶わないときには、そういう気持ちになっても仕方ないかもしれませんね。

まとめ

友だちが幸せそうにしているのはうれしい。でも複雑な気持ちになることもあるというのが正直なところのようですね。もちろん、子どもが生まれること自体は喜ばしいことですが、「私は結婚もしていないのに」とか「妊活しているのに妊娠できない」など自分がどんな状況かによっては素直に祝福する気にはなれなくて当然かも。そう考えると自分が友だちに妊娠報告をするときには、相手を傷つけないような報告の仕方をしないとダメだなと思わせられますね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数162件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE