お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

やっぱり夫(パートナー)に? 女性が一番に「妊娠報告」をしたい相手とは

ファナティック

妊娠を一番初めに報告するのは

大学受験で合格がわかったとき、一番最初に誰に報告しましたか? ほかにも就職試験や資格試験など、人生のなかでうれしいことがあったら大切な「誰か」に報告しますよね? そんなライフイベントの中でもとってもおめでたい「妊娠」がわかったとき、女性のみなさんは誰に最初に報告したのでしょうか? やっぱりパートナー? それともお母さん? 女性のみなさんに聞いてみました。

Q.妊娠がわかったときにまずは誰に一番に報告しましたか?

・1位 「旦那(パートナーや彼氏)」……93.8%
・2位 「母親」……2.9%
・3位 「友人」……1.3%
・4位 「兄弟・姉妹」……0.9%
・5位 「その他」……0.6%
※6位以下省略、複数回答可

ほとんどの女性が旦那様(パートナー)に、まず報告したという結果になりました。つづいてお母さん、友人という結果に。詳しく理由を見ていきましょう!

1位 「旦那(パートナーや彼氏)」

・「一番最初に伝えたかったし、誰よりも妊娠を望んでたから」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「子どもの親になる人だったので、一番に知らせたかったから」(33歳/生保・損保/営業職)

・「一緒に病院に行っていたので、予測通り妊娠していたことを告げた」(34歳/その他/事務系専門職)

・「まだ学生で誰にも言えなかったから。そしてどうすればよいのか相談したかったから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「何も考えず本能的に」(22歳/その他/その他)

第一位はやっぱり父親であるパートナー! これは納得の結果ですよね。誰よりも喜びを分かち合いたい相手です。

2位 「母親」

・「なにか困ったときはすぐに母親に相談するから」(31歳/その他/事務系専門職)

・「同居であり、検査薬を試すときに家に居合わせた為。何より色んな面でサポートしてもらっている為」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「たまたま実家に里帰りしていて、そばにいたから」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

続いて多かったのは「母親」という回答。いつも相談に乗ってもらっている関係であることや、同居していたためなどさまざま理由はあるようですが、やっぱり母親は人生の先輩! 頼りにしちゃいますよね。

3位 「友人」

・「一番身近な子どもがいるママだったから、先輩として色んな話も聞きたかったから」(32歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「私が子どもを望んでいたことを知っていた。当時はまだ籍をいれてなかったため、パートナーに言うのは少しためらったから」(31歳/その他/その他)

タイミングにもよりますが、パートナーに話しにくかった人は、「友人」に相談したという人も。すでに子どもいる友人であれば経験者なので安心して相談できますよね。

4位 「兄弟・姉妹」

・「どうしたらいいかわからず、すぐ会えそうだったのでメールで呼びだして会って話した」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「妹が話しやすいから」(30歳/その他/その他)

パートナーに話す前に、他の誰かに話して落ち着きたい。でも友人にいうのは気が引けるし、両親にいうのもためらわれる……そんな人が相談する一番の相手は兄弟姉妹のようです。一緒に育ったので話しやすい相手ですよね。

9割以上の人が、パートナーに最初に報告すると答えた今回のアンケート。やはり、子どもの父親ですし、当然の結果ですね。また、タイミングや状況によっては「母親」や「友人」「兄弟姉妹」に報告した人もいるようでした。あなたは誰に報告したいですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※クリエイティブサーベイ株式会社調べ。(https://creativesurvey.com/)
有効回答数307件(22歳~48歳の社会人女性)