お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「冷え」や「むくみ」に効果バツグン! この冬からはじめたい“ホットスムージー”とは? オススメレシピと材料を紹介♪

ミノシマタカコ

ホットスムージー

『からだを温めて、やせる! 若返る! ホットスムージー 』(植木もも子/SBクリエイティブ)より

「美容や健康にいい」と大人気のスムージー。夏はひんやりとした食感がおいしく感じるものの、秋冬になると冷たいスムージーが、身体を冷やす原因になることも指摘されています。これからの季節に注目したいのが、温かいタイプのスムージー。管理栄養士の植木もも子さんに「ホットスムージー」作りのコツを聞きました。

スムージーをあたためることで吸収率アップ

“ホットスムージー”と言っても、スープのように食材を煮こむ必要はありません。豆乳や牛乳などを温め、ミキサーにかけるだけなので通常のスムージー同様、自宅でも簡単に作れます。栄養素の中には温めることで吸収されやすくなったり、活性化するものもあります。例えば、酵素は50 〜60度で活性化すると言われています。にんじん、ほうれん草、小松菜に含まれているカロテン類は加熱すると吸収されやすくなります。また、カロテンは脂溶性でもあるので、オメガ-3など上質な油を加えるとさらに吸収が良くなります」(植木さん)

ほうれん草や小松菜といった葉野菜は生食より、ゆでてから使うのがおすすめだとか。

「たとえば、生のほうれん草にはシュウ酸と呼ばれる物質が含まれており、多量に食べ続けることで腎結石などになると言われています。身体によくない物質を減らすためにも、葉物類は一度茹でてアクをとってから食べるようにしましょう」(植木さん)

好みの食材でオリジナルアレンジできるのもスムージーの魅力。秋冬によくある悩み別におすすめ食材を聞きました。

【ホットスムージーのおすすめ食材】

ホットスムージーにおすすめの食材<冷え性>

にんじん、しょうが(乾燥させたものに限る)、シナモン、ココア、みかんなど

「冷え性の人はあたたかいスムージーがおすすめです。みかんなどの果物は生のまま使って大丈夫ですよ」(植木さん)

<乾燥>

乳製品(牛乳)、蜂蜜、ゼラチン(コラーゲンが入ってるので温めたドリンクに振り入れて混ぜればOK)

「乳製品は薬膳で乾燥にいいといわれています。温めて使ってみてください。また、喉の渇きなが激しいときは梨、リンゴなどもおすすめです」(植木さん)

<むくみ>

トウモロコシ、リンゴ、豆乳、きゅうり、とうがん、など

「血の巡り、水分の巡りが悪くなっているので利尿作用のある食材を摂りましょう。これらの食材はすべて体を冷やす食べ物なので、生姜や唐辛子などを少量加えて冷えを緩和するのもポイント。寒い時期は必ず温かくして飲みましょう。あわせてこまめに身体を動かすことよう、心がけることも大切ですよ」(植木さん)

秋冬の悩みに効くおすすめホットスムージー

これからの季節、「冷え」やむくみの悩まされる人も多いはず。そんな悩み解消に役立つホットスムージーのレシピを植木さんに教えてもらいました。

【リンゴのホットスムージー】

<材料>

リンゴ1/2個
ほうれん草もしくは小松菜2〜3株
お湯1/2カップ
はちみつ、シナモン 適量

<作り方>

1 葉物類はレンジであたためてから、40度前後のお湯にさらしてアクをぬく。
2 材料をミキサーにかける。
※ミキサーがお湯に対応していない場合は、材料をミキサーにかけてから、電子レンジで飲みやすい温度に温める。

「冷え対策をしたい場合は、リンゴ+小松菜とシナモン。乾燥対策をしたいときはほうれん草をリンゴと一緒に加えるといいでしょう。はちみつは飲みやすいように、おこのみで調整してみてください」(植木さん)

【コーンスープ風スムージー】

<材料>

とうもろこし1/2カップ(缶やパウチ、冷凍のトウモロコシでもOK)
温めた豆乳150ml

<作り方>

すべての材料をミキサーにかける。
※ミキサーが温かい液体に対応していない場合は、すべての材料をミキサーにかけてから、電子レンジで飲みやすい温度にあたためる。

「とうもろこしにも利尿作用がありますし、豆乳にも多少の利尿作用があるので、むくみを解消したい人におすすめです。はちみつを加えてもOKです。塩こしょうをお好みで加えてもいいでしょう」(植木さん)

まとめ

健康や美容に役立つ飲み物として大人気のスムージー。しかし、寒い季節には「冷え」の原因になるという懸念も。そこで、注目を集めるのが「ホットスムージー」です。“ホット”と言っても、スープのように煮こむわけではないため、手軽に楽しめます。悩み解消に役立つ食材はこちら。

冷え性対策:にんじん、しょうが、シナモン、ココア、みかんなど
乾燥対策:乳製品(牛乳)など
むくみ対策:豆乳、きゅうり、とうがん、リンゴ、トウモロコシ、トウモロコシのひげ茶など

温かい飲み物が恋しくなる、これからの季節。冷たいスムージーの代わりに取り入れたいですね。

(ミノシマタカコ+ガールズ健康ラボ)

ミノシマタカコ


モバイルコンテンツ業界生まれ、ウェブ業界育ち。企画・ディレクション・運営業務等を経験し、現在はフリーライターとして活動中。主な執筆分野は女性、健康、ライフスタイル、旅行など。『定年後の暮らしとお金の基礎知識2015』『冷え退治バイブル』(共に扶桑社)にライターとして参加。

この著者の記事一覧 

SHARE