お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女と元カノ、「比べてしまう」男性は○○%! 比べるポイント4選

ファナティック

よくも悪くも「前の彼はこうだったよなー」と前に付き合っていた人と現在付き合っている人を比較してしまうことはありませんか? 同じように男性も彼女と元カノを比較することはあるのでしょうか。社会人男性に聞きました。

Q.好きな女性や付き合っている女性と元カノを比べてしまうことはありますか?

 ある……38.5%
 ない……61.5%

6割以上の人が「ない」と回答しました。では「ある」と答えた人はどのように比較しているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

■やさしいかどうか

・「やさしさや甘えやすさ」(33歳/電機/技術職)

・「ちょっとしたやさしさがあるか」(36歳/運輸・倉庫/その他)

ちょっとした部分かもしれませんが、やさしさを比較する男性もいるようです。

■気づかい

・「気づかいや友だちや親との接し方」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「食べ方とかちょっとした気づかい」(35歳/金融・証券/事務系専門職)

やさしさともかぶりますが、気づかいを比較するという声も。食べ方についてはマナーでもあるので、きちんとしたい部分です

■価値観が合うかどうか

・「元カノよりも話が盛り上がるなとか考えている」(28歳/情報・IT/技術職)

・「価値観」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「笑いのツボが合うか」(31歳/農林・水産/技術職)

価値観のズレは男女の別れる原因のひとつとなる重大な要素。話が盛り上がるかは、重要な比較ポイントだという意見もありました。無理に話を合わせると言うよりも、たとえお互い特に話さなくても気まずくないという関係がいいですね。

■自分への態度

・「会話に対する反応」(38歳/通信/技術職)

・「自分への対応。自分と話すときは、しっかり自分の目を見て話すかなど」(28歳/情報・IT/技術職)

・「話し方や自分への接し方」(38歳/電機/技術職)

自分に対していい加減だったり、軽んずるような態度を取る人とは男女関係というよりも人としていかがなものかと思います。

<まとめ>

いかがでしたか? ちょっとした振る舞いやクセなど、悪気はなくても過去の人と今お付き合いをしている人を比べてしまうのは女性でもあることかと思います。「前の彼女のほうがよかったのでは?」「前の彼女はどんな人だったんだろう」と不安になってしまうこともあるかもしれませんが、ウジウジしても仕方がありません。たとえ比較されたとしても「今の彼女が断然イイ!」と思ってもらえるような魅力的な女性を目指しましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数109件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE