お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

不満爆発! 注意しても彼女がなおしてくれないコト「カレーに生姜」「トイレのドア開けたまま」

ファナティック

ぷんたとえば付き合っている彼に、靴下を脱ぎっぱなしで放置されるとイヤですよね。洗濯機に入れるだけなのに、何度注意しても直らない「悪癖」には困ってしまいます。では男性が「彼女に直してもらえなくて困ったこと」には、いったいどんなことがあるのでしょうか? さっそく聞いてみました!

食事のマナーがなってない!

・「食事マナー。くちゃくちゃ音を立てて食べること」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ご飯を食べながら本を読む」(34歳/農林・水産/販売職・サービス系)

・「食事のときに肘を立てて食べること」(33歳/機械・精密機器/技術職)

多かったのは「食事のマナー」に関することでした。くちゃくちゃ音を立てて食べたり、ご飯を食べながら本を読んだり、更には肘を立てて食事をしたりされると、いい加減男性もうんざりしてしまうようです。

勝手に部屋を片付けないで!

・「片付けの仕方。どこに何があるかわからなくて困った」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「部屋の片づけを勝手にしないで欲しいと言っているのに、たまにやられる」(39歳/情報・IT/技術職)

・「人の部屋にあるモノを動かしてしまう事。そのせいで在り処が分からなくなった事多数……」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

ありがちですが「人の部屋を勝手に片付けないでほしい」という意見も多くありました。「部屋が散らかってるから」と善意のつもりで片づけをしたのに、どこに何があるか分からなくなって困る男性も多いようです。

だらしなさすぎる!

・「片付けができない」(32歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「脱いだ洋服をハンガーにかけない」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「食べたゴミをそこら辺に置く」(38歳/情報・IT/技術職)

彼女の部屋に行ったら散らかっていて、洋服もハンガーにかけずに食べたゴミも放置されていると、そのだらしなさに嫌気がさすという声も。せめて彼が来るときは、最低限の掃除と片づけをした方がよさそうです。

そのほかにも、こんな意見が……

・「自分の家のトイレを使った後は蓋を閉じて欲しい。と何度も言っているけど、一度も閉まっていたことがない」(28歳/情報・IT/技術職)

・「カレーに生姜を入れるなって言ってるのに入れる」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「トイレのドアを少し開けて、用を足す」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

他には「トイレの蓋問題」や「カレーに生姜を入れる」「トイレのドアを開けて用を足す」など、なかなか大胆な彼女の行動に困っている男性もいました。トイレの蓋やカレーはともかく、トイレのドアを少し開けて用を足すのはかなりイヤですよね。

男性が「恋人に直してもらえなくて困ったこと」には、食事のマナーからトイレの蓋問題まで、いろいろなエピソードがありました。彼女の「悪癖」に手を焼いている男性も多いようです。これらのエピソードに心当たりのある女性の皆さん、今すぐその悪癖を改善しましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE