お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

いやん、そんなトコ……! カレに触れられて、思わずドキッとした体のパーツ7選

ファナティック

大好きな人に触れられると、ドキドキしながらも、なんだか幸せな気分になるものです。こんな感覚を楽しめるのも、恋愛中の醍醐味(だいごみ)ですよね。ではあなたが、彼氏に触られて思わずドキッとしてしまった経験があるパーツは? 働く女性たちに聞きました。

髪の毛

・「さらっとなでられてドキドキしたから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「あまり触れられないのできゅんとしてしまった」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

頭をポンポンされたり、髪を優しくなでられたり……。彼氏の愛情を存分に感じられる瞬間ですよね。女性をキュンとさせるため、男性たちにはぜひ覚えておいてほしいポイントです。

・「日常、触れられない場所だから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「腰を引き寄せられるとドキッとする」(30歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

意外と多かったのが、「腰」を挙げる意見です。そっと腰を抱き寄せられたら、二人の雰囲気は一気に親密なものに!

あごを……

・「あご。まさかのあごクイされてドキッとした」(24歳/機械・精密機器/技術職)

ドラマや映画、漫画などで定番のあごクイ! 現実に体感したら……かなりドキドキしてしまいそう! 「一度は彼氏にやってほしい!」と思っている女性も多いのでは?

予想外に……こんなところも!?

・「耳。めったに触られる部位ではないので過敏になった」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「うなじ。予想外だった」(25歳/アパレル・繊維/営業職)

こんな意外な部位を挙げる意見もありました。どこが弱いのかは、人それぞれ。彼氏、彼女の性感帯を発掘していくのも、大人のお付き合いの醍醐味(だいごみ)なのかもしれません。

もっと触れて?

・「尾骨らへん。お尻というよりはお尻の谷間、骨のあたりで、不思議な感じだったから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「胸。毎回ドキドキしてしまう」(22歳/生保・損保/事務系専門職)

尾骨というなんだかすごそうな答えも。触られるとどんな感じなのかあれこれ想像してしまいますね。

まとめ

みんなの意見に、なんだか胸がドキドキしてしまった人も多いはず。男性にもぜひ参考にしてほしいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数116件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]