お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

三十路にありがち? 「結婚したい」と思われないようにやっていること

姫野ケイ

三十路が近づくと、女性なら周囲から「結婚を焦っているのでは?」と思われがち。しかし、中には本当に結婚を焦っているわけではない人もいるものです。そういう人からすると「焦っている」というレッテルを貼られるのはうっとうしい限り。「結婚を焦っていると思われないためにやっていること」を、働く女子たちに聞いてみました。

実家を出たくない甘えキャラを演出

「合コンで『本当は結婚焦ってるんでしょ?』などと言われたら『実家がラク! 家出たくな~い!』という甘ったれキャラを演じています」(31歳/出版)

確かに、実家がラクだからひとり暮らしをしないという人もいますよね。しかし、あまりこのキャラを演出し過ぎると恋愛から遠ざかってしまうかも。

親が言うようなレベルの人がいないと説得

「親に、何の気なしに、『友だちの●●ちゃん、結婚したんだって』と言った際、結婚を焦っているように思われてしまったことがあります。でも、仕事がまだ軌道に乗ってないことや、収入や学歴など、親が求めるレベルの人が見つからないことを言って納得させ、別に焦っていないことを伝えています」(31歳/IT)

娘の結婚相手がきちんとした相手であれば親は安心します。焦ってダメな男と結婚するよりは、じっくりと吟味して選んでほしいと思ってもらえそうです。

あえて何もしない

「まわりがどう言おうと知ったこっちゃないので、本当に何も考えていないし、何も気にしていません。気にして、焦っていないアピールをするほうが痛いし、裏目に出そうなので。幸い、うちの親は『結婚するのは個人同士でもそのうしろには家がある、その中で揉まれて苦労するのは結局女性なのだから、実家にいればいい』という考えです」(30歳/医療)

その潔さに脱帽です。たしかに、結婚後に苦労していて幸せそうに見えない人もいますよね。

バリバリ仕事をして行動で示す

「『結婚しないの?』と聞かれて『今は仕事に力を入れたい』と口だけで言うのは簡単だし、男性からも見抜かれます。まだこの子は結婚しないな、と誰が見てもわかるくらい、バリバリ仕事をこなしていれば、そんな誤解はされません。言葉より行動で示しています」(32歳/IT)

言葉よりも行動で示すと説得力がありますよね。仕事をがんばって結果を出せば、自分も成長できるし、職場の人からも必要な存在として認められるしと、いいことづくめです。

まわりからの見えないプレッシャーに耐えているアラサー女子は多いですね。初婚年齢が上がっている時代とは言え、やはり気になってしまう問題。あなたは、結婚を焦っているように思われないために、何かやっていることはありますか?

※画像は本文とは関係ありません

(姫野ケイ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]