お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

うれし恥ずかし!? 初潮の“お祝い”をされたときの率直な感想3選

ファナティック

女性にとって「初潮」は大きな節目。体がきちんと成長している証拠でもあります。初潮を迎えたとき赤飯でお祝いをしてもらった、という人もいるのでは? でも、祝われる本人の心境は、なかなか複雑だったりするもの。そこで今回は、22歳~34歳の女性に、こんな質問をしてみました。

Q.あなたは、初潮を迎えたとき「お祝い」をしてもらいましたか?

はい……24.4%
いいえ……75.6%

実際に「お祝い」をしてもらった人は、約4人にひとりという結果に。初潮のお祝いをしてもらった経験がある女性に、そのときの率直な感想を教えてもらいました。

■恥ずかしかった! 嫌だった!

・「ほかの家族には言ってほしくなかったので、迷惑だった」(29歳/金融・証券/営業職)

・「恥ずかしくて嫌だった」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「父親に言われたくなくて、そういうことをしないでほしかった」(27歳/電機/営業職)

体のデリケートな部分のことということもあり、親としては純粋にお祝いしたい気持ちだったとしても、思春期の多感な女の子にとっては、「恥ずかしさ」があったようです。

■なんで祝っているのかな? と疑問だった

・「めでたいことなんだ? と思ったくらい」(31歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「大人になってよかったね、と母親から言われたが、出血して、どうしておめでとうと言われているのかわからなかった」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「何がおめでたいかよくわからなかった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

お祝いの意味をしっかり親が説明しないと、子どもの頭の中は「?」となってしまっていたよう。「大人の仲間入りのお祝い」など、説明してほしかったですね。

■うれしさもあった

・「恥ずかしいけど、うれしい感じがした」(31歳/金融・証券/専門職)

・「うれし恥ずかしい」(32歳/建設・土木/技術職)

・「うれしかった」(22歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「恥ずかしかったけど、なんかうれしかった」(27歳/金融・証券/営業職)

・「少し恥ずかしかったが、大人になった感じがした」(24歳/機械・精密機器/営業職)

恥ずかしかったけれど、うれしかったという人も少なくありませんでした。自分の成長を家族が喜んでお祝いしてくれるのですから、うれしさももちろんありますよね。

<まとめ>

初潮のときのお祝いについて、「恥ずかしかった」という女性は多いみたい。大人になった今ならどうということではないけれど、多感な時期だからこそ、どうしても恥ずかしさからの嫌悪感もあったよう。もし、自分が女の子を授かったときは、その子が初潮を迎えたとき「お祝い」をしてもいいかどうか聞いてみるといいかもしれませんね。「大々的には嫌」ということだったら、その日の食事をちょっと豪華にしてみたり、ナプキンを入れるのにピッタリなポーチなどのプレゼントでも、お祝いしたいという気持ちは伝わると思いますよ!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数156件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]