お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

キレイな思い出にしたかったけど……別れ話がこじれたらどうする?

相羽亜季実/OFFICE-SANGA

大好きな人だったけれど、時間と共に気持ちが変化することもありますよね。一度気持ちが冷めてしまったら、もう仕方がない。今までありがとう、ワガママ言ってゴメンね。そんな風にキレイに別れたかったけど……。パートナーに別れ話をうちあけたら、承諾してもらえずにこじれてしまったことはありますか? 働く女性に聞いてみました。

理由を説明してください

・「『気持ちが冷めた』とはっきり言うのは憚られたので、あいまいな理由で別れたいと伝え、納得してもらえなかった」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「何でどこがいけないの? 直すからといわれ面倒になったこと」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「泣きついてきて、どうして別れたいのかを延々と説明させられて気が滅入った」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

突然別れを切り出されるほうは、寝耳に水なのでしょうが……。話し合いをしたいわけでなく、もう別れることしか考えていないので無理やり理由を説明させられるのはウンザリかもしれませんね。しかも、説明されても納得できないでしょ?

怒っちゃった

・「喧嘩になり、最終は悪口とか言われました」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「友達は彼に納得してもらえず『なんでそういう思考なんだよ、お前頭悪い』など罵倒されて終わった」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「寂しくて拗ねていた元彼に、『別れた方がいいのかな、俺たち』と言われたので、面倒になり、『そうかもね』と言って別れようとしたら、『なんでそんなこと言うの? 本当にいいの?』とキレられ、その後別れられるまで3カ月かかった」(31歳/医療・福祉/専門職)

しつこく引き留められるのも困りますが、それ以上にイヤなのがこれ。せっかくの思い出も台無しですよね。キレイごとを言う必要はないかもしれないけれど、悪口を言ったりキレたりするのは、男として小さいな~。最後に情けない姿を見せないでよ。

延長戦に入ります

・「あと3カ月、あと3カ月と延ばされた」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「友人が、曖昧な別れ話をしたので、相手がまだつきあっていると思ってた」(30歳/情報・IT/営業職)

無理に食い下がってつき合いを続けてもらったとしても、相手の気持ちが冷めているとわかっているわけですから、顔色をうかがうような言動になってしまいますよね。そうなるとますます魅力的には思えず、気持ちが復活することはないでしょう。

なにがなんでも別れない

・「友達はストーカー化した人に実家の前で、別れたら死ぬと言われた」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ちゃんと話したのに、気持ちが冷めたという理由だけでは納得してもらえず、半分ストーカー化しました。家にいるかどうかチェックされていたり」(33歳/電機/技術職)

ストーカーなんて、好きな人の気を引きたくてイジワルをする小学生男子と同じですよね。ゼロになるくらいなら、マイナスになってやる! そんな風に意地を張って、自分まで貶めてどうするの。ちょっと冷静になって自分の姿を見てください。

お金で解決!?

・「様々な理由があって、こちらも辛かったのに離婚を切り出したら更に慰謝料を請求された」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「結婚相談所で知り合った人に別れを切り出したら、慰謝料を請求された。婚約してた訳でもないのに、結婚相談所で知り合ったというだけの理由で」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

気持ちが冷めるにはお互いに理由があるはずなのに、一方的に被害者ヅラするのは男らしくないですね。結婚相談所のカレは、まさかとは思いますが、そういうタイプの詐欺かも……なんて思ってしまいます。

男泣きはイヤ!

・「別れたいという内容の手紙を書き、帰ってから読んでほしいと言ったのに、その場で読んで泣かれてしまった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「友達は彼に別れを切り出したら、一晩中泣かれ膝に抱きつかれ、疲労困憊して、別れるまでに時間がかかった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

今どきは男性が涙を流す姿も慣れてきましたよね。とはいえ、好きなときなら許せても、気持ちが冷めているカレの涙を見せられたらゲンナリするかも。泣きながら引き留められても、とても復縁する気にはなれません。

まとめ

うまくいっているときはカッコイイ姿を見せられるかもしれませんが、うまくいかなくなったときにどんな姿を見せられるかによって、その男性の本当の価値がわかりますよね。「ありがとう。キミのお陰で楽しかったよ」なんて無理してでも笑っていってほしい。アイター、振ったのはちょっともったいなかったかな、なんて思わせるくらい、最後くらいはかっこつけてよ!

(相羽亜季実/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数222件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]