お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子が痛感した現実。「20代後半」と「30代前半」では、世間の見る目はどう変わる?

ファナティック

たすことのアラサーの女性にとって、20代と30代の節目はいろいろと感慨深いところがあるものです。
自分の感覚としては何も変化がなくても、周囲の目が気になるという人も多いでしょう。20代後半と30代前半に対する世間の目にはどのようなちがいがあるのでしょうか。社会人の女性に聞いてみました。

「まだ○○なの?」が怖くなる

・「30代になり、『まだ結婚してないの?』という目で見られるようになった」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「20代はまだ未熟でもある程度は大目に見てもらえる気がする」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

20代のころは、何をやっても「まだまだこれから」と言われていたのが、30代になった途端「まだ○○なの?」と言われるように……。特に結婚に関しては耳が痛いものがありますが、ムキになるとさらに痛い印象を与えるのでさらりとかわしましょう。

女性としての価値

・「社会的地位は上がっても、価値は下がってみられるような気がする」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「やはり20代後半は結婚適齢期で、30代前半は結婚に遅れている人というイメージが」(34歳/その他/その他)

30代は、仕事でもそれなりのポジションにつき、仕事をバリバリこなすのにもっとも適した年齢です。それなのに、女性としての価値は下がっていく一方。と感じている女性もいるようです。周囲はそのように思っていなくても、年齢を意識するあまり、そのように感じてしまうこともありそうです。

いくら有能でも……

・「30代になったら仕事をがんばってると、痛いと思われそうな気がする」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「30になると中堅でお局的な感じで恐れられる」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

30代のキャリアウーマン。収入も増えて、いいスーツを着て、次々と仕事をこなしていく。その姿に憧れる人も多いだろうと思いきや……意外にも痛いと思われている可能性もあります。30代になったらガツガツ頑張るのではなく、大人の余裕も必要ですね。

オバサンという認識

・「20代後半はオバサン予備軍、30代前半はオバサン」(25歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「30歳を超えるとおばさん扱い。20代後半はまだ女性扱いしてくれる」(25歳/不動産/事務系専門職)

女性なら避けては通れない「おばさん」という門。いつからおばさんになるのか若い頃はピンと来なかったかもしれませんが、30代に突入した瞬間、知らぬ間に門をくぐっていたと実感する出来事が多々起きるのが現実です……。

世間の見る目は思った以上に厳しいもの。どんなに見た目が若くても、年齢を聞いたときの反応は明らかに変わってきます。ですが世の中には素敵に年齢を重ねている30代の女性もたくさんいます。自分の価値は自分で決めるという気持ちを持って、30代を楽しみましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数295件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]