お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ズルズル交際の果ては? 元サヤ経験アリの女子にその後を聞いてみた

ファナティック

いいだろ彼とのお付き合いがマンネリ化してくると、別れが頭をよぎることがあるものの、ついズルズル付き合ったり、ヨリを戻したりということを繰り返してしまうことってありますよね。このままではいけない…とは思いつつ、ついズルズルしてしまうのは、誰にでも心当たりがあることかもしれません。みなさんはいかがですか?

Q.別れたほうがいいかも、と思いながらもズルズル付き合ったり、ヨリを戻してしまった経験はありますか?

ある……25.6%
ない……74.3%

別れたりヨリを戻した経験のある方は、3割程度となりました。みなさんはどうやって、その状況を打開したのでしょうか。お話を聞いてみました。

新しい彼氏をつくるに限る!

・「新しい恋をみつける! 新しいものに向けて積極的に動く!」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ほかに好きな人をつくってしまい、スパッと別れた」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「新しい彼氏をつくってすぱっと別れた」(32歳/金融・証券/営業職)

ズルズル付き合っている彼氏と、すっきり縁を切るには、新しい恋人をつくるに限る! そう答えた女性と、とても多くいらっしゃいました。いつまでも先のない恋を続けていたって、不毛ですものね。

新しいことをはじめる

・「新しいことに挑戦する。新しい出会いもあるから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「新しい習い事をはじめたり、出会いを求めて積極的に自分ですすんだ」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「新しい自分になって断ち切ろうと、コンタクトレンズデビューをした」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

新しく習い事をはじめることで、前の恋を断ち切ることに成功した女性も多いようです。前の彼氏との生活習慣を変えることで、自分の時間が持てるようになり、新しい世界が広がっていくようになるのですね。

友人に背中を押してもらった

・「友だちに叱咤してもらった」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「友だちに相談して、ちゃんと別れるのが優しさだと教えられた」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「友人に相談したりした」(24歳/その他/事務系専門職)

付き合ったり別れたりを繰り返していると、友だちも心配に思ってしまうものです。第三者からしっかり自分のことを、客観的に聞かされると、気持ちも落ち着くことがあるようです。しっかり叱ってもらいましょう。

そのほかにも、こんな意見が

・「ズルズル付き合っていたが、なぜか突然『あ、これムダだ』と気付いたので解消できた。自分で気づく以外の打開策はないと思う」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「きっぱりと別れを決意し、家を出た」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「この人と一緒にいても幸せになれない、と思って別れた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

ほかにもいろいろなことで、気づかされたという方も多いようですね。自分自身で気づけるのが一番いいのですが、なかなか自分のことは客観的に見られないもの。友だちにアドバイスをしてもらうといいかもしれません。

あまり先の長そうにない恋愛は、自分でもどこか分かっているものですよね。いつかどこかで断ち切らないといけないと思いつつ、ついズルズルしてしまうもの。幸せになりたいなら、きっぱりと別れる勇気も必要です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数230件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]