お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

彼には絶対言えない! 金欠女子が節約のためにこっそりしているズボラ飯4選

ファナティック

給料日前になると、お財布の中がさみしい状態になっている方も多いのではないでしょうか。女子会を開きすぎたり、デートに行きすぎたりすると、出費がかさんで、給料日前にピンチに陥ってしまうものです。そこで今回は社会人女性に、お金がないときのズボラ飯のメニューを教えてもらいました。

■卵かけごはん

・「卵かけごはんを食べています」(31歳/その他/その他)

・「卵かけごはんで済ます」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「卵かけごはんに塩昆布をのせて食べる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

お金がないときのズボラ飯といえば、王道の卵かけごはんではないでしょうか。何がなくとも、卵と白いごはんだけあれば、一気に幸せ気分になって、ごはんタイムを楽しめます。

■納豆ごはん

・「納豆ごはんオンリー」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「納豆かけごはん」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「納豆とアボカドとトマトのスタミナどんぶり」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

余裕が少しでもあるのなら、納豆ごはんといきたいですね。お金があるときなら、いろいろな食材をのっけて、豪華納豆丼を作ることができますが、むなしくなるのでやめておきましょう。

■醤油かけご飯

・「醤油かけごはん」(29歳/情報・IT/技術職)

・「ごはんに醤油、マヨネーズ」(32歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

いよいよ何もなくなってきたとしても、まだ醤油があります。炊き立てごはんに醤油をかけて食べるだけでも、とびっきりのごちそうになります。バターやマヨネーズなどのオプションがあれば、最高ですね。

■簡単な炒めもの

・「ごはんと、もやしと卵の炒め物」(33歳/金融・証券/専門職)

・「ごはんとそぼろ、ご飯に野菜炒め、など丼系にする」(25歳/不動産/事務系専門職)

他にもお金がないときのズボラ飯について、いろいろメニューをご紹介いただきました。少し余裕があるのなら、こんなふうに具材をのせて食べるのも魅力的ですね。

お金がないと、食べる物がなくなってくるので、心までさみしくなってしまいそうですが、ちょっとの工夫で、とてもおいしくいただけるズボラ飯へと変身するものです。あまりたいした工夫はされていませんが、気持ち次第で幸せになれるということではないのでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]