お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これは喜んでいいのか? 彼が彼女に密かに感謝してるコト4つ

カップルいつもいつも感謝の辞を述べる彼氏って、どことなく怪しかったりしますよね。毎朝「今日も生きていてくれてありがとう」とかメールが来たらドン引き、みたいなものです。が、彼氏は彼女に対して、口にしないまでもひそかに感謝していることがあるそうです。なにについて感謝しているのでしょうか? さっそくご紹介しましょう!

■一緒に遊んでくれてありがとう

「一緒に遊んでくれてありがとうと思います。だって彼女がいない連休なんて、下手したら2日も3日も誰とも喋れないし、誰とも遊べないんですよ。コンビニに行って『温めますか』と訊かれて『はい』と言うくらいです。そうじゃないですか?」(30歳・建築)

たしかに、シンプルにして的を得ている証言ではないでしょうか。「遊ぶ」って、あまりよくないニュアンスで一般的には使われますが、人生から遊びを抜くと、とても無味乾燥ですよね。一緒に遊んでくれてありがとう……味わい深いひと言では?

■化粧室が長いことに感謝!

「ぼくの彼女は、まだ元カレとたまに会っているっぽいんです。ぼくの前では、そういうことは言わないんですが、人づてにそう聞きます。デートのとき、彼女のトイレが長いと、彼女は用を足すふりをしつつ、元カレにメールしているんだろうと思います。ぼくにバレないように配慮してくれている彼女に感謝です」(27歳・IT)

いわゆる「交際がダブる期間」を経験したことのある女性も少なくないのではないだろうかと思いますが、このカレは、こんなふうに感謝しているとのことです。これはレアケースだと思いますが……。彼氏として怒ることもできる状況ですが、そこをあえて感謝する……男の涙ぐましい努力でしょう。あるいは精神修行でしょう。「ええ女を捕まえておこうと思えば、我慢しかない」……男性はそのうちこんなことを悟ります。

■デートにヒールの高い靴を履いてきてくれた

「彼女はデートのたびに、ヒールの高い靴を履いてきてくれます。彼女に聞くと、そのほうが脚がきれいに見えるでしょ? とのことでした。歩きづらいだろうに、感謝です」(28歳・公務員)

こういう女性の細かな気遣いに感謝している男性もいるんですね……雨の日にもかかわらず髪の毛を巻いて来てくれたというアレンジパターンもありそうです。

■「ほかに好きな人はいない」と言い張ってくれた

「ぼくの彼女は、なんとなく浮気をしているっぽいんですが、ぼくが問いただすと、いつも『ほかに好きな人はいないよ』と言います。一応感謝しています」(26歳・電鉄)

微妙なところですが、まあ感謝(するしかないん)でしょうか。

いかがでしたか? ふだんあまり口にしない(あるいは口にしづらい)証言が4つ出てきました。カップルでお互いに感謝し合っているうちが花です。お互いに罵り合って別れるなんて、いつでもできるのだから。我慢我慢です。

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]