お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

嫁にはしたくない? 彼女どまりで終わっちゃう女性の特徴3項目

ファナティック

別れ彼女に対してものすごく不満があるわけではないし、付き合っていても楽しい。でも、結婚するとなると「何かが違う」という気持ちになる男性は少なくないようです。「彼女としては十分だけど結婚する気にはなれない」女性と「結婚したい」と思える女性。今回は、その違いについて男性たちの正直な意見を聞いてみました。

一緒にいて安らげるかどうか

・「一緒に居て居心地がいいかどうか」(34歳/情報・IT/技術職)

・「彼女どまりなのは、ただ可愛いだけの女性。結婚したいのは、一緒にいて気を使う必要もなく、なおかつ家事などの基本的なスキルのある女性」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ずっと一緒の空間にいて辛くないかどうか」(38歳/情報・IT/技術職)

付き合っているだけの彼女なら刺激もたまにはほしいと思うかもしれませんが、結婚する相手に求めているのは安らぎ。一緒にいて落ち着けるかどうか、沈黙も心地良いと思えるほど気を使わずにいられるかどうかということのようです。一つ屋根の下に暮らすとなったら癒し系の女性が一番ということなのでしょうね。

家庭を安心して任せられるかどうか

・「家事・炊事ができるか。整理整頓ができるか」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「金銭感覚がしっかりしているか、料理ができるかどうか」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「彼女どまりなのは、将来の家庭の姿を想像できない女性で、結婚したい女性は将来の家庭の姿を想像できる女性」(32歳/ソフトウェア/技術職)

専業主婦になるとしても共働きするとしても結婚後は女性がメインになって家事をして欲しいと考えているせいか、結婚相手には家事能力必須という男性は多いようです。自分が外で働いている間、しっかりと家庭を守ってくれて帰りたいと思える家を作ってくれる家庭的な女性なら結婚しても安心なのでしょうね。

性格や価値観が合うかどうか

・「思いやりがあって、『ありがとう』と『ごめんなさい』をきちんと言えるかどうか」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「彼女止まりの女性は可愛さを重視して、結婚したい女性は性格を重視する」(28歳/情報・IT/技術職)

・「金銭感覚や価値観が合うかどうか」(31歳/情報・IT/技術職)

彼女にするのなら可愛さなど外見重視だけれど結婚相手となるとそれよりも性格や価値観の一致が大事という男性も多いようですね。良いことと悪いことの判断基準がずれていたり、金銭感覚が違い過ぎると結婚後のケンカの原因にもなりそう。長く一緒にいる相手だからこそ見た目では選べないということでしょうか。

そろそろ結婚の話が出てもおかしくないほど交際期間は長いのに、彼がなかなか煮え切らない。そんなときは「彼女なら良いけど結婚相手にはちょっと……」なんて思われていることもあるかも。彼と結婚したいと思っているのなら「結婚したい女性」として、彼に認識してもらうことが大事。家庭的な一面を見せたり、一緒にいて安らげるような存在でいることを心掛けることで「彼女どまり」の女性から抜け出せるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年10月25日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE