お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

自由をエンジョイしすぎ!? 奥さんを置いて頻繁に遊びに行く既婚男性に思うこと4つ!

ファナティック

長かった春を乗り越え、結婚してこれから愛する人と2人幸せな家庭を築いていけると思ったのもつかの間、夫は自分を放って、休みのたびに遊びに出かけて悲しい思いをしているという女性もいます。そんな、結婚しても遊ぶことをやめられない男性に対して思うことを、社会人の女性に聞いてみました。

■既婚者としての自覚が足りない

・「もっと結婚しているという自覚を持つべき。家庭を持っているなら大事にするべきだから、もっと自覚を持たなければいけないと思う」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「結婚したから優先すべき場所をわきまえてほしいと思う。自分が奥さんだったら寂しいから」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

中には結婚しても、いつまでも気持ちが独身時代のままという男性もいます。結婚は戸籍上の変化だけではなく、自分自身を成長させてくれるいい機会にもなることを忘れてはいけません。

■なぜ結婚したのだろう……?

・「そんなに遊びたいなら結婚するなと思う。独身のままのように遊んでいたいなら、なんで結婚したのかと思う」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「結婚しなきゃいいのにとなります。結婚する意味ないからです。家庭に収まる気がなさそう」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

結婚後も独身時代のような生活を続けていこうとする男性も多いようですが、それなら「なぜ結婚したのか?」と疑問に感じる女性もいるようです。独身の楽しさは結婚と同時に卒業してほしいですね。

■家庭を大切にするべき

・「たまには、奥さんに対して感謝に気持ちを伝えるプレゼントや家事の手伝いをすべきだと思う。自分だけ働いているのが偉い人と思っている考えは、やはり夫婦間を寒くするだけだと思う」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「家族に愛がないんだと思う。休日に家族で過ごさずに、他人と遊ぶのを優先する人は子育ても手伝ってくれなさそう」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

結婚には人それぞれの価値観がありますが、結婚によって今まで以上の社会的責任が生まれるのはまちがいありません。自分の配偶者や子どもを大切にすることは、既婚者の務めでもあります。

■お互いの理解があるのなら

・「それで夫婦がうまく行っているならいいと思う。奥さんも自由に遊べるし、浮気しないのなら、そういうスタイルもいいと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)
・「奥さんも遊んでいるなら問題ない。互いの許容範囲を超えるようであれば問題だと思う」(29歳/情報・IT/営業職)

一部ではありますが、お互いの理解を得られているなら遊びに行ってもいいという意見もありました。家庭生活に影響がない範囲での遊びなら、ストレス発散にもなるので一概に悪いとは言えませんね。

「幸せな家庭」の定義は人によって異なりますが、そこに愛情があれば少しくらいの遊びが夫婦仲に影響することはないのかも。お互いが納得できる結婚生活を送りたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]