お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

主婦の25.5%が「恋したい」と思ったことがある! まわりには絶対言えない本音とは

ファナティック

恋は、女性が女性らしくいるために必要なこと。ですが、結婚すればそれは許されないことになってしまいます。旦那さんだけを一生愛すると誓ったものの、やはり気持ちが揺らぐときもある……そんな主婦の本音を、既婚の社会人女性に聞いてみました。

Q.既婚女性にお聞きします。結婚してから「恋をしたい」と思ったことはありますか。
「はい」25.5%
「いいえ」74.5%

2割以上の既婚女性が、結婚してから恋をしたいと思った経験があると回答しました。その理由やまわりに言えない本音、エピソードを聞いてみました。

ときめきがなくなったから

・「付き合う前のドキドキ感は結婚してからはなかなか味わえないので」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「彼へのトキメキがなくなり日々の生活に刺激がないときに思う」(29歳/金融・証券/営業職)

人は不思議なもので、安定を望んで結婚したはずなのに、安定を手に入れるとときめきが恋しくなります。幸せと楽しさはイコールではないことを思い知らされますね。

少女漫画が恋したい欲求を刺激する

・「少女漫画を読むと、もうこんな恋愛できないのかーと思ってしまう」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「恋愛漫画を読んだときなど、久々にときめきたいなぁと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

恋する気持ちをリアルに描いた少女漫画。切なさや甘酸っぱさはもう味わえないのかと思うと悲しくなってしまいます。若い頃はそれで散々つらい思いをしたはずなのに……。

素敵な男性は旦那だけではない

・「今の旦那よりも異性としての魅力が高い男性と不倫したいと妄想したこともある」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「今更だけど猛アピールをしてくる元彼にきゅんとしたことがある」(27歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

まわりを見渡せば多くの素敵な男性があふれているのに、なぜこの人を選んだのか……。そんな考えてはいけないことが脳裏をよぎる瞬間もあるでしょう。女性は常に刺激を求める生き物なのかもしれませんね。

極論、結婚は人生の墓場なのか?

・「結婚してしまったら、もうすべて終わりのような気がするので」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「まわりの独身女性の恋愛話を聞いたときちょっとうらやましい」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚で手に入れられるのは安定や安心、家族、社会的信用など数多くあります。ですがそれと引き換えに女としての楽しみや喜びを失ってしまったと感じている人も多いでしょう。結婚が人生の墓場になるかどうかは、自分の意識次第なのです。

まとめ

恋は女性の人生を豊かにしてくれます。社会的に非道徳的な行動を起こさなければ恋をするのは自由ですが、いつまでも恋に恋している状態を続けていられないのも事実です。旦那さんにいつまでもときめいていられるなら、その結婚生活はすばらしいものになりそうですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数134件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE