お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

先に言わないと揉める! 結婚を見据えた女子が付き合う前に伝えておくべきこと4選

ファナティック

新しい男性とのお付き合いは、若い頃であれば勢いや好きな気持ちだけで楽しめたものですが、年齢を重ねてくると結婚を見据えたお付き合いをしたいと考える女性も多いでしょう。そんな女性が付き合う前に伝えておくべきこととは? 社会人の女性に聞いてみました。

結婚願望があること

・「結婚願望があるということは、遠まわしにでも伝えるべき。相手に結婚願望がなければ付き合わないと思うので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「『わたし、○歳までに結婚したいんだ』とちゃんと自分の希望を伝えておく」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

これは言いにくくても伝えておいた方がいいかも。相手が半端な気持ちで付き合うことを避ける効果もあります。付き合ってからも結婚をイメージしやすく、早い進展が望めます。

将来のビジョン

・「子供を産みたいか、いつにしたいか。仕事を辞めてもいいか、続けたいか」(30歳/通信/事務系専門職)

・「何歳までに結婚して、何歳までに子供が欲しいか」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

将来のビジョンを共有することも大切です。片方が子供がほしいのに対して片方はいらないとなれば、いくら好きでも将来の伴侶としては難しいかもしれません。同じ未来を描けるかを確認しましょう。

相手も結婚前提であることが条件

・「私は結婚する気がない人とは付き合うつもりがありません」(33歳/金融・証券/専門職)

・「自分の年齢と遊びではもう付き合えない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

こちらも結婚願望があることを話した上で、相手の結婚願望の有無を確認するという人も。結婚願望のない人と付き合っても、自分の思い描く未来は遠のくだけです。不毛な恋愛を避けるためにもこの確認は必要なのかも。

結婚の理想像

・「絶対同居はしたくない、等の最低限の条件」(27歳/その他/その他)

・「専業主婦になってもいいか」(32歳/建設・土木/技術職)

相手にも結婚願望があることを確認した後、さらにその結婚に対する理想も共有できるかを確認できれば安心です。付き合う前にここまでの意思確認をするのは大変ですが、時間を無駄にしないためにはこのくらい聞いておいた方がいいかもしれませんね。

結婚を見据えているとなると、もはや恥ずかしさやドキドキ感を存分に味わってはいられません。結婚を匂わせると恋を逃すと思ってる人もいるかもしれませんが、付き合って相手への感情が高まった後に、現実を突きつけられても辛いだけです。迫りくる現実の波に飲み込まれないよう、伝えるべきことは勇気を持って伝えましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数131件(21歳~33歳の働く女性)

※この記事は2015年09月27日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE