お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あのときはよかった……学生のころに戻りたいと思った瞬間4つ

成瀬瑛理子

社会人と学生では、環境が大きく変わります。どちらにもそれぞれいい面はありますが、時には学生のころに戻りたいと思ってしまうことも。どんな瞬間にそう思うのか、働く女子に聞きました。

オール明けの大学生に遭遇

「出社しようと電車に乗ったときに、わいわい騒いでいる大学生に遭遇した。どう見てもオール帰りで、『私もサークルの友だちと朝まで騒いでいた時代があったな……』となつかしい気持ちになって戻りたくなった」(27歳/金融)

あのころすれちがっていた出勤前の社会人に今では自分がなっているなんて……。時間の流れを感じて切ない気持ちになってしまいそうですね。

仕事で怒られた

「仕事でミスして怒られたとき。学生時代も先生からしょっちゅう怒られていたけど、当時はあまり気にしたことはなかった。仕事で失敗するたび、何にも考えていなかった学生時代が恋しくなる」(28歳/不動産)

学生時代とは責任の範囲も重さもちがうため、ミスに対する捉え方が変わります。怒られたときの落ち込みは社会人のほうが大きいという声も。

元カレに再会

「仕事を通じて学生時代の彼氏に偶然会った。今の彼氏とうまくいってないわけじゃないけど、もう一度当時のようにまっすぐな恋愛をしたいなと思ってしまった」(27歳/出版)

社会人の恋愛は、好きという気持ちだけではうまくいかないことも多いもの。だからこそ学生時代の恋人は特別な存在に感じてしまうのかもしれません。

同窓会でバカ騒ぎ

「久々に高校の同窓会があったので参加。当時の友だちとバカみたいにはしゃいですごく楽しかった。大人になると学生のころみたいに騒ぐ機会が少ないので、当時の友だちに会うと昔に戻りたくなってしまう」(29歳/通信)

部活に学校行事……、学生時代は友だちと一丸になって取り組むことが多いもの。同じ目標に向かって一緒にがんばった思い出は鮮明で、ついつい戻りたくなってしまうんですよね。

友人や恋人との再会など、当時のことを思い出すきっかけがあると戻りたくなるようです。当時は嫌だったことも、今思い出すと輝いて見えますよね。現実逃避は考えものですが、時には学生時代の楽しかった出来事に思いを馳せるのも悪くないのではないでしょうか。

※画像は本文と関係ありません

(成瀬瑛理子/プレスラボ)

成瀬瑛理子

1989年横浜市出身。編集プロダクション・プレスラボ所属。出版社、広告代理店の営業を経て念願の編集・ライターに転身。ガッチリした筋肉の人が好きで、水泳やアメフト観戦が趣味。女子校育ちゆえに同性の友達とつるむことが多く、女子の中で話題になる旬の恋愛・美容ネタが得意です。

この著者の記事一覧 

SHARE