お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なんなの!? 男性が、母になった妻を「女」として見られなくなる理由【イラストコラム】

恋亞/OFFICE-SANGA

結婚したら、夫は妻を「女」としていつまで見られるのでしょうか? 子どもができると「女」として見ることがますますできなくなったとたまに耳にします。

当サイトで以前、「子どもが生まれて母になった妻を、『女』として見られるかどうか」と質問してみたところ、「見られる」と回答した男性は全体の80.2%、「見られない」派は2割弱にとどまりました。「見られない」派の理由とは?

恐妻

母親になると、かなり強くなると言うから。

女性は子どもを産むと強くなるとよく聞きますものね。

妻から母へチェンジ

役割として、母のほうが大事なので。親になるから。

男女から父母へとお互いの役割が変化するということですね。

努力の継続

子どもが生まれても、化粧などをして見た目に気を使っていれば、女として見られる、おばちゃん体形にならなければいい。

妻には太らず、小奇麗にしていてほしいということですね。なかなかそれが難しいのですよ。

なかには、結婚している時点でダメなんていう厳しい意見もありました。

一緒に生活するとすべてを見ることになるので、恥じらいも遠慮もなくなってきます。そこで、たまにはおしゃれして、パートナーとデートをしてみるのはいかがでしょうか? 昔を思い出し、「女」として見られる可能性大です。

文・恋亞/OFFICE-SANGA
イラスト/タナカ*アイコ/OFFICE-SANGA

※この記事は『なんなの!? 男性が、母になった妻を「女」として見れなくなる理由』を再構成しています。

恋亞/OFFICE-SANGA

恋バナと人間観察が大好きなかけだしライター。マイナビウーマンのラブ系のコラムを担当しています。

この著者の記事一覧 

SHARE