お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性に手厳しくされると何故か興奮する!? 男性はSとMどちらが多い?⇒6割の男性が〇!

大場杏

飲み会などで、SかMかを判断する心理テストをしたことがある方も多いのではないでしょうか。盛り上がるかはさておき、会話の糸口にはなりますよね。女性同士では、どのようなことがSかと盛り上がる話題なことまちがいなし! 人間ウォッチングしていても、「あの人Sっぽい」と外見から得る情報で推測するのもヒマ潰しにはおもしろいですよね。大抵男性がSの場合が多いと思われますが、実際はどうなのでしょうか?当の男性にアンケートをとってみました。

Q.女性に対してどちらかというとSですか? Mですか?

 「Sだと思う」……60.9%
 「Mだと思う」……39.1%

約6割の男性が自分自身のことをSだと思っているようです。しかし、4割のMだと思っている男性の意見も気になります。

【Sだと思う派の意見】

■SというかドS!
・「超ドSです。エッチのときなんか、自分が完全に上から目線です」(36歳/機械・精密機器/営業職)
・「女性を服従させたいという深層心理があるから」(28歳/情報・IT/技術職)
・「相手をからかったときのリアクションに、かわいいと思ってしまうから」(32歳/小売店/事務系専門職)
・「彼女が感覚や感情的に思考することに対して、相手が納得するまで理詰めで行くことに楽しさを感じてるから」(32歳/商社・卸/営業職)

「経験的にそう思う」「リードしたいから」「基本こちらの願望を伝えて言ったとおりにさせたい」と男性の支配欲が表れた結果となりましたね。でもひと回りした男性は気づいてますが、本当に支配してるのはMだという事実。男性は女性の手のひらの上で転がされているのかも……!

■M扱いされると拒否反応が
・「Mなことをされるとストレス」(30歳/その他/事務系専門職)
・「責められるとイライラするので」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「いじめられるのは嫌いだから」(33歳/運輸・倉庫/営業職)
・「ちょっとした意地悪をしたくなるから」(39歳/情報・IT/技術職)

「何人も泣かせた」「焦らしたりするので」「いろいろ自分で決めたい」と、やはり主導権を握っていたい方が多いようですね。男性にはSで居てほしいという女性も多いのではないでしょうか。理屈じゃなく、2人の空間になったときに、SかMかは自然と決まっていることのほうが多いですよね。

【Mだと思う派の意見】

■攻められない……
・「受け身です」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「相手を責めるようなことは基本的に嫌なので、多少相手が強引なくらいのほうがいい」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「大抵の要望には応えているから。従うことが多い」(37歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「相手にいつもいじられてもイライラしないから」(29歳/医療・福祉/専門職)

なんて優しいコメントなのでしょうか。「相手の要望を聞いてあげたい」「可哀想と思って、攻めるのはできない」などなど、相手を思っている様子が窺えますね。世の中うまくマッチングできているようですね。

■率先して希望します!
・「尽くしたいと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「女性に手厳しくされると何故か興奮する」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「女性から攻められることが好きだから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「甘えたくなるから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「攻めてほしい」「振り回されたい」とむしろ願っているコメントも多かったです。4割と少ないですが、人間誰しも二面性があるので、役割チェンジしたときには彼女の新たな一面の発見になりますよね。意外性は一番のスパイス!

Sな男性のほうが多い結果となりましたが、あなたの彼はどちらですか? SかMかを語るときは、夜のイメージが強くなってしまいますが、関係性についてはとても重要ですよね。お互いを想いやる気持ちが根底にあれば、どちらでもいい!

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の社会人男性)

大場杏

編集ディレクター・ライター/医療系出版社で本を2冊担当。その後広告代理店にて商業施設や航空会社、外資系メーカーの広告・販促物全般、カタログ冊子、DMそして連動するWEB制作に従事。趣味はスポーツ観戦と海外旅行とライブ。宇宙や恐竜など壮大なものに惹かれ、わくわくします。

この著者の記事一覧 

SHARE