お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

お金がないからデートは我慢! 浪費家女子の悲しい恋愛事情5つ

ファナティック

お金がないのでデートは我慢デートは大好きな彼と会える楽しみな時間ですよね。だけど交通費や食事代など少なからずお金がかかるのも「デート」です。給料日前でお金がなかったり、転職や引越し、結婚式がつづいて出費が重なったときなどは、デート代さえ工面できない、なんてこともあります。そこで今回は、「お金がないときの彼とのデート」について聞いてみました。

本当にお金がない

・「お財布に1000円しかなかったので、デートを断って家にこもっていた」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事を変えたばかりで本当にお金がなかったので」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「生活が苦しい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

浪費が原因なだけではなく、さまざまな理由で本当に生活が苦しくて、お金がないからデートできないといった悲しい女子もいるようです。

お家でデート

・「お金がないなら家でデートすればいい」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お金がないときはお家で映画デートするから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「デートを断ったことはないが、外出デートではなくお家デートに切り替えてもらったことはある。外食ばかりだとお金がかかるので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

お金がないときは、お家にこもってデートに限る! といった女子意見は多数。節約のためにあえてお家デートをするといった方も。

お金をかけないデート

・「お金をかけずにデートをすることもできる」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「お金がないなら工夫をしたデートをすればいいと思う」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

お金がないならないなりにデートを楽しめばいいといった強気な女子も。お金を使うことだけがデートじゃない?

おごってもらう

・「自分がお金がなくても、彼氏に払ってもらえばいいから断ったことはない」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「おごってもらえるから問題ない」(25歳/金融・証券/クリエイティブ職)

彼氏におごってもらえるというのはうらやましい気もしますが、相手のお財布事情も少し気になってしまいます。無理をさせすぎないように気をつけたいもの。

困ったことはない

・「デートできないほどお金に困ったことがないから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「節約志向なのでお金がなくなるということはない」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

中には「お金に困ることなんてない」といったうらやましい女子の意見もありました。金欠女子のみなさんは見習いたいものですね。

ショッピングやグルメ、友人同士のお誘いに、つい浪費をしがちになってしまう女子は少なくありません。ですが、彼とのデートを延期や中止なんて我慢はしたくないですよね! そのためにもしっかりお金を管理してデート代がない! なんてことがないようにしたいものです。さすがにいつもお金がないと、彼にあきられてしまいますよ!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳~34歳の独身女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE