お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なにさっ! こんちくしょう! イラッとした他人の自慢「太いから痩せなきゃ」「元カノが芸能人」……

ファナティック

うるさい思わず誰かに聞いてほしい、うれしいことなどは誰にでもあるもの。でも話の仕方を一歩間違えると自慢話と捉えられてしまうことも。そこで今回は話しているほうは、まったく悪気はなくても、なんかイラッとするなぁと感じた「他人の自慢」について調査しました。

太れない自慢

・「食べても太れないって言ってた後輩。うらやましくて嫉妬しました」(27歳/金融・証券/営業職)

・「細いのに太ったと喚いている人。『そんなことないよ~』って言ってほしいのがミエミエで嫌」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「細い人ほど痩せなきゃと言うこと」(25歳/医療・福祉/専門職)

多くの女性がどうスタイルキープするか悩むところ。ダイエットして自分に渇を入れる人も多い中、どうしてもイラッとしてしまうのが、この「太れない自慢」。どう見ても細い人の太った発言もまわりの怒りを買う恐れがあるので注意です。

彼自慢

・「彼にどんなものを買ってもらったかの自慢」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「彼氏自慢などは自分がフリーのときには特に腹が立つ。見せつけられているように感じてしまう」(24歳/食品・飲料/専門職)

自分が幸せなときはどうしても人に聞いてほしいと思ってしまいますよね。でも彼氏が長くいない人や失恋したばかりの人の前でもやってしまうのはNG。イラッとされること必至です。

家族自慢

・「自分の友だちや家族がすごい自慢。お前はすごくないだろと思うから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「とにかく旦那や子ども自慢。うちの旦那は家事もすごいやってくれて、しかも給料も相当いいし、とかいいことしか言わない」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

自分がすごいわけでもないけど、ついついしたくなってしまう身内自慢。たまになら興味を持って聞いてくれるかもしれませんが、毎回だと聞くほうはうんざりしてしまいます。

芸能人に関する自慢

・「芸能人と友だちとか、元カノだとか。証拠がないのに」(30歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「子どもの頃、親があるミュージシャンと知り合いでよくその人のライブに行っていた、楽屋に行ったり写真も撮ったと自慢する夫」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「家族が業界人で、芸能人とつながりがあるアピールをされると腹が立つ」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

自分が芸能人と友だちであるならまだしも、聞かされたほうも「で?」となってしまうのがこの芸能人に関する自慢。たいていは友だちの友だちが……など微妙なもので、さも自分がすごいかのように話をするのはイライラしかされません。

金持ち自慢

・「友だちがお金持ち自慢で、私のことをさりげなく見下すところが嫌いです」(31歳/その他/その他)

・「実家が金持ち。親のがんばりを自分のことのように自慢するのはどうかと思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

多くの人が毎日働いてそのお金で生活をしてコツコツ貯金をしている中、選ばれし者ともいえるのでしょうが、苦労をせずにお金にまったく困らない人を見てイラッとしない人はいません。実家のお金持ち自慢はほどほどに。

今回上がったエピソードはどれもこれもイラッとするのがわかるようなものばかりでしたね。話が盛り上がるとついつい自分のことも聞いて! と話してしまいがちですが、相手の反応や表情などもきちんと見てイタイ自慢話ばかりする人にならないように気をつけましょうね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数203件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE