お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

アラサーなら共感できる? 働く女子がいま一番不安に思っているコト

ファナティック

残業先のことを考えすぎても仕方がないとわかっていても、悩んでしまうのが人間というものですよね。社会人として働いている女性なら自分自身のことだけでなく、仕事や家庭、両親のことなど不安材料もいっぱいあって悩みは尽きなさそう。今回は、働く女性たちがいま一番不安に思っていることとそのために努力していることについて聞いてみました。

結婚

・「20代で結婚できるか。彼氏に結婚時期を確認した」(27歳/電機/営業職)

・「このまま一生独身で暮らしていくのかな? と最近ふと思う。日常生活上、ほとんど新しい出会いはないので、恋愛系アプリに登録して、メッセージをやりとりしたりしている」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「結婚ができるのだろうか。好きな人も出会いもないので不安です。これから婚活を本格的にはじめようと思います」(26歳/情報・IT/営業職)

・「この先、結婚どころか彼氏が出来るか不安。行動したいけど勇気がないので、まずは神頼みからやろうと思う」(32歳/不動産/秘書・アシスタント職)

彼氏もいない、出会いのチャンスもない。そんな状況で女性たちが不安に思うのは「結婚できるのかどうか」ということ。好きな人すらできないような状況だと一生独身かもしれないという不安がよぎるのも仕方ないかもしれませんが、婚活をはじめる、恋愛系アプリでまずは出会いから見つけるという努力をしている人もいるようですね。

仕事

・「会社の方向性。こっそり資格の勉強をしどうなってもいいように備えている」(32歳/不動産/専門職)

・「これからもこの会社にいていいかどうか。転職したいが資格も何もやりたいこともない」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

今の会社でずっと働いていていいのだろうかと考えたことがある女性は多いのでは? 健康面で不安を抱えていたり、会社の方向性が自分と合わないと感じているとなおさら仕事に対して考えてしまうことも多そう。働きながら取得できる資格を取って、転職活動に備えておくと少しは安心できそうですね。

お金

・「今の貯金額で将来何とかなるかどうか。コツコツ貯金しているが、それでも不安」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「寿退社したものの、自分の収入がなくなったことは予想以上に不安、転職活動の真っ最中」(32歳/その他/その他)

・「これから1年でけっこうお金が必要になるイベントが多いため、今の貯金で賄えるか。日々の無駄遣いを少しでも減らす」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

将来のことを考えるといくらあっても足りない気がするのがお金。貯金があったとしても十分なのかどうかはわかりませんもんね。寿退社して自分の収入が途絶えた、この先お金を使う予定がはっきりとわかっているというときには特にそう思うもの。無駄遣いをやめてできるだけ貯金を増やすくらいしか対応策はなさそうですね。

先のことをまったく考えずに楽観的に生きられるのは幸せなことかもしれません。ただ、万が一の備えがないと慌てる羽目になるのはやっぱり自分自身。考えすぎて暗い気分になってしまうのはもったいないですが、不安に思うことを全部洗いだしてみてそれを解消するために何をすれば良いか考えることは大事です。もしもに備えて努力しているという意識を持てれば、不安に思うことが少しは軽減できて実際に自分のためにもなるはずですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE