お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

実は結婚への遠回り!? 「尽くす女」を辞めるコツ

神崎桃子(体験型恋愛コラムニスト)

「好きな彼を手放したくない……」
「私が尽くせば彼は結婚を意識してくれるかも……」
彼に献身的になることで幸せな未来が手に入るとは限りません。

必死に尽くすことで相手からも愛されるという保証はないのです。
むしろ彼に奉仕すればするほど彼からの愛をもらえなくなる可能性の方が大きいかもしれませんよ。

今回はあなたが“尽くす愛”で自滅しないように、恋愛コラムニスト・神崎桃子がレクチャーしましょう。

尽くす女ってどんな女性?

尽くす女性に共通する5つの特徴

あなたはこんなふうに彼中心、彼優先の生活になっていませんか?

1.既読スルーなんてありえない! いつでも即レス!!

尽くす女は彼からの連絡にソッコー対応できるよう四六時中スマホを手放しません。

深夜でも朝方でも仕事中でもいつだってどこにいたって返してしまう。自分の睡眠時間が削られようが、仕事を中断させられようがお構いなし。

それはスマホ依存でなく彼依存なのです。

2.友だちの誘いを断る、いつでも予定を空けておく

彼からデートの約束を取り付けられていなくとも休日は彼のために空けておくのが基本。女友だちからショッピングや映画に誘われても“彼と会えるかもしれないことを夢見て”断ってしまう。

向こうが頼みもしないのに勝手に待ちぼうけ……。一日中家にこもり、彼からお誘いのない週末の夜、虚しさに襲われるのです。

3.自分が悪くなくともすぐ謝ってしまう!

自分が悪いってわけでないのに彼と揉めたくないということから自ら謝ることを選んでしまう……。

「彼が機嫌悪いから」
「彼が怒ってるから」
「そんな彼を見てるのがイヤだから……」

という理由で「ごめんね」が口癖に。

一応自分が謝りさえすればコトを荒立てなくて済む、というのは丸く収まってることにはなりません。

4.彼のお世話を焼いてしまう

尽くす女は家政婦のごとく、彼の身の回りのお世話係を買って出ます。

料理を作って彼の帰りを待つことはもちろんのこと、彼の部屋の掃除、洗濯、アイロン掛け、下着や靴下の買えを揃えたり、しまいには銀行や郵便局に行き振込みまで……。

彼の「これもやっといて」はどんどん拍車がかかります。

これでは“彼氏”でなく“大きな子ども”でしょう。

5.彼の意見に逆らわない

尽くす女の辞書には「ムリ」「ヤダ」「イヤ」という言葉はありません。

彼の提案に「なんでもいいよ」「あなたが良ければそれで」と答えてしまう……。

自分の意見を言わないでいることで彼は「大事な彼女」として扱うのでなく「俺の言うことをなんでも聞く女」として扱うように……。

次ページ:尽くす女は幸せなの?

お役立ち情報[PR]