お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

気合だ気合だ、掃除祭りだ~!! 気になる彼が友だちと泊まりに来るなら、どのくらい掃除する?

ファナティック

自分の部屋に、気になる男性が、初めてやってくる……! たとえ2人きりではなくても、非常にドキドキする瞬間ですよね。ガッカリされないためには、念入りな準備も必要になるでしょう。もしも、気になる男性も含めた仲良しグループが自分の部屋に泊まりに来ると決まったら、あなたなら部屋の片づけをどの程度しますか? 女性読者たちの実態を調査しました。

■「住む前の状態くらいに」ばっちり大掃除!
・「全力で片づける。いつもの掃除以上に念入りにていねいにやる。汚いと思われたくないから。トイレや水回りは特にキレイにする」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「かなり。住む前の状態くらいに。スキを見られたくないから」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「徹底的にする。普段気合いを入れて掃除をすることは年に数回というレベルなので、気になる男性がいるのであればチャンス到来とばかりにがんばる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

男性は、意外と細かいところまでチェックしているものです。「汚部屋」で印象を落とさないためにも、やはり真剣な気持ちで、隅々まで磨き上げる必要があるのかもしれませんね。

■「うさんくさくない程度に……」いつもより気持ちていねいに
・「掃除機をかけて、置きっぱなしにしている洗濯物を片づける。あまりにやりすぎると、うさんくさいから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「いつもよりも、ほんの少しだけていねいに!」という女性も少なくないようです。あまりにもピカしんピカだと「あぁ、がんばったんだなぁ」と思われてしまうもの。それもなんだか……意識しすぎ!?

■「ぜーんぶ隠しちゃえ!」見た目が良ければ無問題
・「とりあえずキレイに見えるように、物が整っている様にする。キレイに見えればいいかな……と思って」(32歳/不動産/専門職)
・「余計なものはすべてクロゼットに隠す。見られたら突っ込まれるものはすべて隠したほうが面倒じゃないから」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

気持ち的には、大掃除! でも正直時間がない! こんなときには、「とりあえず見た目を良くすること」に尽力する女性も多数いるようです。第一印象は大切なもの。間違っても、いきなりクロゼットを開け……ませんよね?

■「シンプルにいつも通りに」これがベスト!?
・「いつも通りに片づけるくらい。それほど散らかっていないし、いつ人が来ても大丈夫なようにしてあるから」(24歳/食品・飲料/専門職)

本当なら、これがベスト! 清潔感があれば、生活感が出ていても大丈夫。招かれた人も、きっとくつろげることでしょう。

■「いい香り」「模様替え」プラスワンで印象アップ
・「できるだけ完璧に掃除する。ほんのりいい香りがするように気を付けている」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「女の子らしい部屋になるよう模様替えする。部屋がかわいい人は好感を持ってもらえそうだから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

片づけだけでなく、こんなプラスワンで印象アップを狙う方もいるようです。男性の気持ちを一気に引き寄せるためにも、ぜひ挑戦してみては?

■「自力でするのは諦めました」頼れるものには頼ろう!
・「汚すぎて、クリーンサービスを頼むかも……。今まで、一度も家に入れたことがありません。汚い、生活感丸出しで、恥ずかしい!」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)・「かなりきちんとする。リフォームレベル。汚い部屋は相手に対して失礼だから」(27歳/金融・証券/営業職)

こんな意見もありました。徹底的に片づけたいなら、いっそプロに! コストはかかりますが、仕上がりも満足できることでしょう。

かなり気合いを入れて掃除をがんばる女性が多いことがわかりました。ここでの印象は、2人の未来にとって、かなり重要! 「手は抜けない!」というのが、女性側の本音だと言えそうですね。あなただったら、どの位掃除しちゃいますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数210件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年09月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE