お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

そーゆーの好きだなぁー! 男子がコロッとやられる「女子の意外なギャップ」4パターン

ファナティック

読書異性に魅力を感じてもらうためには、うまくギャップを利用することが大切。ギャップを見せることは、モテテクのひとつでもあります。今回は男性のみなさんに、思わず惹かれてしまう女性のギャップについて、聞いてみました。

■仕事とプライベート

・「仕事はしっかりしているのに、私生活は天然。ほほえましい印象だから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「普段バリバリ働くキャリアウーマンタイプが、オフのときにほろ酔いしたり、あどけない姿を見せたとき」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

仕事のときは頭脳明晰で何事にも動じない強さを感じさせつつ、オフになるとふにゃっとした別の表情を見せる女性。社内恋愛って、こういうところから生まれるのかもしれませんね。

■二人きりになると……

・「普段はクールなのに2人きりになると甘えてくる女性は、かわいいなあと思う」(26歳/農林・水産/技術職)

・「普段はつんけんしているが、自分の前だと甘えてくる。自分に気を許しているからできると思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

「オレしか知らない彼女の素顔」に魅力を感じるという意見です。普段はクールな自分を装っているのに、気を許せる相手の前でだけリラックスした表情を見せるというのは、男性の「守ってあげたい欲」を刺激するのかも。

■見た目によらず……

・「見た目は不良なのに、内面は純粋で家庭的な女性」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ギャルの知的な話、賢さに好印象だから」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

人を見た目で判断してはいけないというのは、ごくまれにこのような人が存在するからでしょう。一般的な世間のイメージが必ずしも当たっているとは限りません。料理が上手なギャルは思いのほか多いのです。

■女として最強かも

・「天然に見えるが、芯の強いタイプ。ここぞというときには頼りになるから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「かわいくて見た目はしっかりしてるのに、ゆるーい感じの人が素敵です」(35歳/通信/事務系専門職)

女性はしっかりしすぎていても、ゆるすぎても魅力が半減してしまいます。完璧であることにもろさを感じる男性は多いもの。一緒にいると癒されて頼りにもなる女性は、男性が求めていることをすべて満たしている最強の女性かもしれません。

ギャップのある女性は、相手に「もっと知りたい、もっと関わりたい」という欲を与えます。結果的に相手に興味を持ってもらえることも多いでしょう。ギャップのある女性を目指すなら、まずは仕事とプライベート、彼に会うときと女友達に会うときなど、シーンに合わせて自分を使い分けることからはじめてみましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答件数109件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]