お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう、我慢できない! 女性の気持ちが高ぶる「キス」3つ

ファナティック

大好きな彼とキスをしているとき、思わず気持ちが高ぶってしまう……。そんな経験を持つ人もいるかもしれません。そこで今回は女性のみなさんに、つい気持ちが高ぶってしまった彼とのキスのエピソードをこっそり教えてもらいました。

シチュエーションが……

・「夜景がキレイなところでのキス」(32歳/建設・土木/技術職)

・「遠距離恋愛の別れ際」(33歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「好きで仕方がなくて、真冬の公園でキスをした。でも全然寒くなかった」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

お互いの気持ちが高ぶり、衝動的なキスをしてしまう……。そんな瞬間ありますよね。いつもとちょっとちがうシチュエーションだったりすると、尚更です。

情熱的なキスをされると……

・「相手がすごく積極的なとき」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「ディープキスが長いと興奮してくる」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「いつも穏やかな彼が、突然スイッチが入って激しいキスをしてきたときに燃えてきます」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「すごく熱烈にキスされる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

チュッとするキスではなく、いつもより濃厚なキスを仕掛けられたら、否が応でも気持ちは高ぶっちゃいますよね。

不意打ちのキス!

・「2人きりになった途端の不意打ちキス」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「恋人と家でお酒を飲んだあとに、ふと目があって急にキス」(24歳/機械・精密機器/技術職)

・「突然、カレからキスされたとき」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「元彼に壁ドンされたとき」(24歳/その他/事務系専門職)

キスをされるだけでもドキドキなのに、それが不意打ちのタイミングだったら、ドキドキ度は倍増。テレビなどで話題の壁ドンを経験した人もいるみたい!

いかがでしたか? 人によって「高まるツボ」はちがうと思いますが、もし最近彼とドキドキするキスをしていないな……という人は、自分からキスを仕掛けてみてもいいかも。彼もきっとスイッチが入り、お互いの気持ちが高まって、素敵な時間を過ごせるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数123件(22〜34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE