お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

相手やシチュエーションで使い分けるのがカギ! 気になる異性との自然な連絡先交換テク

ファナティック

職場や合コン、仲間内の集まりで出会った素敵な彼。まずは連絡先を交換し、アプローチを開始するべきですが、その「連絡先を交換する」ということ自体が恋の最初の難関だったりします。みんな、どうやってこれをクリアしているのでしょう? 社会人女性たちに、自然な連絡先交換テクニックを教えてもらいました!

飲みに誘って……

・「今度飲みに行きましょうという話の流れから。気負わずに友だち感覚で」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「相手の好きなお店や趣味の話をして、興味を示してデートに誘わせて、じゃあ連絡先を交換しようという流れにする」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「複数で会っているときだったら、次は2人で食事に連れてってくださいと伝えてみる」(28歳/機械・精密機器/その他)

相手が興味を持ちそうなお店の話を振ってみて、「今度行きませんか?」というお誘いとともに連絡先を交換。その場が盛り上がっていれば、すんなり交換できるでしょう。

ストレートに!

・「『連絡先交換しませんか?』と聞く。素直に聞いて嫌がる人は少ないので」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「普通に『よかったらライン交換しませんか?』と聞く。ストレートが一番だから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「交換しようと、ダイレクトに言う」(29歳/情報・IT/営業職)

・「普通に教えてよと言う。まわりくどいことが嫌いだから」(28歳/金融・証券/営業職)

ストレートに聞いてしまうのも手。よほど警戒心の強いタイプじゃない限り、「いいよ」とさらっと教えてくれることでしょう。

共通の話題を見つけて

・「共通の話題があれば、それについて話したいからという」(30歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「もっと話したいから連絡先を交換したいと言う」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「相手の得意分野のネタを教えるか教えてもらいたいから連絡先を交換しようと言います」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

お互いに興味のある話題がある場合は、「またお話聞かせてほしいんですけど……」と聞いてみれば、相手も気負わず教えてくれるはず。連絡先の交換がメインだと気づかれると、構えてしまう人もいますからね。

恋の最初の難関である「連絡先の交換」。苦手に思う人はさぞや多いことでしょう。「あからさま過ぎないかな」「嫌がられたりして……」なんて考えてしまうと、どうしても勇気が出なくなってしまいます。しかし、うじうじしていては何もはじまりません! ここに紹介したような方法でさりげなく連絡先を交換し、恋の次のステップ「初デート」へ、ぜひたどりついてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数187件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE