お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

実は嘘ついてました! 女性が元彼と別れるために言った嘘の理由3選!

ファナティック

別れ話の際に、本当の理由を言ったほうがいいのか、嘘の理由を言ったほうがいいのか迷った経験がある人も多いと思います。その結果、嘘をついたほうが、相手にも自分のにもいいと判断し、やむを得ず嘘の理由で別れた人もいるのではないでしょうか。別れ話で使った嘘の理由について、社会人の女性に聞いてみました。

■原因は自分にある
・「『ひとりになりたいから』と言った」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「私にはもったいない」(32歳/金融・証券/専門職)
・「仕事が忙しくて、仕事のこと以外考えられない」(27歳/電機/営業職)

「あなたを嫌いになったわけじゃない、あなたに理由があるわけじゃない、すべての原因は自分にある」と、全面的に自分の力不足を認めることで、キャパオーバーであることを認識してもらう手段です。男性としては、「俺は幸せにしてやれなかった」という悲しさは感じるかもしれませんが、少なくとも相手を傷つけることはないでしょう。

■将来を考えた結果
・「家庭関係のことで、彼氏のことを話したら納得してもらえなかった、と言う」(30歳/小売店/販売職・サービス系)
・「好きな人ができたのが本当の理由だが、そのことは言わずに、将来のために別れようと言った」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「将来のことも真剣に考えるほど好きだったけれど、いざ考えてみると将来が見えない」という、いかにも現実的な思慮深さを感じさせる嘘です。うまく演じ切ることができれば、好きだけれど別れざるを得なかったという体裁を保つことができるでしょう。

■すっぱりと別れるため
・「好きな人はいないけど、好きな人ができたと言う」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「彼氏に不満があっても、ほかに好きな人ができたと言う」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

彼に対していろいろ不満はあっても、ほかに好きな人ができたという嘘ですべて察してもらおうという手段です。信じる男性もいれば、別れる口実だと気づきながらも、受け入れる男性もいるでしょう。

嘘をついて別れるのは決して後味のいいものではありません。ですが、真実を言うことが必ずしもいい結果に結びつくとも限らないのが、難しいところです。穏便に交際を終わらせて、お互いに次のステップに踏み出すには、嘘も必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数197件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE