お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

それやってもモテないから! 男には不評な女性の「自分磨き」3つ

ファナティック

向上心を持つのは大切なことですよね。失恋後や、恋人募集中のときなどは特に自分を変えたくなりますし、ひたむきに努力している姿は美しいはずです。でも、男性にとっては理解できない「自分磨き」があるそうなんですよ。今回はそれらを見ていきましょう。

■エステがわからない

・「エステ通い。金の無駄と思う」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「エステ。科学的根拠がどの程度あるのかわからないし、本当に痩せたいならウォーキングやジョギングをしたほうが効果があると思う」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「エステに行くこと。高すぎると思うから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

もちろんいいエステもあるのでしょうが、費用がかかるわりにわずかな効果しか見られないなんて話もよくありますよね。男性にとってはまゆつばなようです。

■ネイルアートって何?

・「ネイルのデコレーション。派手だと不潔に見えるから」(22歳/情報・IT/技術職)

・「ネイルアート。伸びたら切るだけなのに」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ネイルに月に何回も通うのは理解できない」(32歳/小売店/事務系専門職)

爪の甘皮をとったり、爪にやすりをかけたりするのは女性が多いですよね。爪のケアは悪くはないのですが、男性的にはついていけないもよう。

■精神面での特訓!?

・「自分探し。どうやるのかよくわからないし、効果も微妙だから」(32歳/電機/技術職)

・「自分自身を知る目的で、心理テストや占いを使うこと。どうも論理より感情に行きがちという点で」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「料理教室に通うこと。母親に学ぶのが一番いいと思うから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

いわゆる自己啓発でしょうか。自分のことを知ろうとすればするほどわからなくなったりしますよね。考え過ぎて自分をいじめてはつまらないです。身近な人と話したほうがいいかもしれませんね。

女性に人気な「自分磨き」が多くありましたね。別れた彼を見返すためだったり、恋人を作るために自分磨きに励む女性はいますが、実は男性には伝わっておらず、遠回りな努力なのかもしれません。それよりも、出会いを探したり、積極的に男性を誘ったりしたほうが、近道なのかもしれませにょ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数118件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE