お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「もし、彼が○○だったら別れる!」女性が密かに胸に決めていること4つ!

ファナティック

人は長く付き合ってみなければ、その本性はわからないもの。ふたを開けてみたら、目も当てられない状態だったということはよくある話です。今はまだ問題ないから付き合っているけれど、場合によっては別れるかもしれないという条件について、社会人の女性に聞いてみました。

Q.「もし付き合っている人が〇〇だったら別れる!」と密かに決めていることはありますか?

「ある」……31.0%
「ない」……69.0%

3割を超える女性が、別れを決める条件があると回答しました。それはどのようなことなのでしょうか。理由と併せて見てみましょう。

■お金にルーズだったら
・「ギャンブル好きの浪費家。金の切れ目が縁の切れ目だと思うから」(32歳/不動産/専門職)
・「タバコ、ギャンブル好き。価値観が受け入れられないから」(33歳/医療・福祉/専門職)

家庭生活を営んでいく上で、お金の管理はとても重要です。ギャンブルなどの博打で支出が増えるようでは、生活が困窮するだけではなく、収支計画さえ立てられません。みんながみんなギャンブルでもうけられるなら、パチンコ屋は経営できていないことを理解しましょう。

■女にだらしなかったら
・「元カノと隠れて会っていたら別れる。元カレに浮気されたことがあるから」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「浮気など。一度でも許せないから」(32歳/学校・教育関連/技術職)

男性の女好きを直すことはとても難しいことです。本能でフラフラ行ってしまうのですから、止めようがありません。いくら自分が女性として魅力的でいようとも、女好きの男性にとってそんなことは関係ないのです。

■収入が安定しなかったら
・「パートやアルバイトなどの非正規雇用で勤めている。結婚の話になったときにいろいろ引っかかる。主に収入や失業の問題で」(22歳/その他/その他)
・「自立していないと、結婚まで考えられない」(33歳/医療・福祉/専門職)

非正規雇用のゼヒはさておき、中には親に収入源を頼り、寄生するパラサイトシングルと言われる人もいます。これはいくらイケメンでも、お金持ちのお坊ちゃまでもいただけません。低収入でも真面目に働いていることが大切です。

■暴力をふるう男だったら
・「DVをするような人とは別れようと思っている。絶対に暴力はいやだから」(29歳/情報・IT/技術職)
・「ヤクザだったら別れる」(28歳/建設・土木/販売職・サービス系)

暴力を正当化する男性は、話し合いで物事を解決することができません。このような男性と一緒にいると、体だけではなく心も傷ついてしまいます。そこから立ち直るのは容易なことではないので、できる限り早急に別れることが望ましいでしょう。

好きだという感情にほだされて、ちょっとした判断ミスが自分を不幸にしてしまうこともあります。条件で相手を選ぶのは好ましいことではありませんが、一緒にいても自分が幸せになれないと判断する線引きを持つことは大切です。付き合う前のほうが幸せだったということのないように、男性を見る目はしっかりと養いましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数197件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE