お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

お願いだから、なかったことに! 女性に聞いた「記憶から消し去りたい元カレ」4選

ファナティック

付き合っているときは「それが当たり前!」と思っていたけれど……お付き合いが終わった今、「あれってちょっと黒歴史かも!?」と感じることってありませんか? できることなら“なかったこと”にしてほしい! 女性たちが記憶から消し去りたいと願う、「元カレとのエピソード」を教えてもらいました。

■限度があります

・「スーパーネガティブだった元彼」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「すんごいナルシストと付き合ったこと」(32歳/建設・土木/技術職)

自分の前で「ありのままの姿」を見せてくれるのは、うれしいことですが、正直限度がありますよね。とはいえ、いったいどれくらい「すんごい」のか、ちょっと気になってしまいます。

■小銭必須!

・「お金にケチな元カレ。デートのときに自販機のジュース代120円とか食事代を1円単位まで割り勘、請求してきた」(28歳/機械・精密機器/その他)

1円単位のやりとりをするなんて、想像するだけでゲンナリしてしまいます。割り勘は別に問題ないけれど、「1円単位」というのがどうしても気になってしまいますよね。

■別れのあと……

・「別れてすぐ、相手がほかの子を妊娠させて結婚した」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「私と別れてから、ファッションがホスト風になって学内で話題になったことは抹消したいです」(31歳/その他)

別れたあとに、大きな変化を迎える元カレもいるようですね。「あの人の元カノ」という立場で見られるのも嫌ですが、正直別れて正解だったのかも……!?

■恥ずかしすぎます……

・「部屋を間違えて帰ってきて、隣人に迷惑をかけた。しかも酔っぱらって隣人の家の風呂で寝ていたようで……」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

こんな恥ずかしい経験は、隣人にとっても、記憶から消すのは難しいですよね。通報されなくて良かったです!

元カレとの思い出は素敵なコトもありますが、「微妙」なものの場合、思い出したときになんとも言えない気持ちになるものです。いつか本当に幸せな恋をしたときに、「あんなこともあったなぁ」と懐かしく思えるくらいの余裕が持てるようになると、いいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳〜34歳の働く女性)

 

お役立ち情報[PR]