お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

パパになる人必見! 妊娠中のママが“パパにされてうれしかったこと”3つ

ファナティック

妊娠中にされて旦那にされて嬉しかったことおなかの中で赤ちゃんが大きくなっていくとママの体と心にもいろいろな変化が現れてきますよね。妊娠前には何でもなかったことができなくなったり、体調不良に悩まされたりするのも妊婦ならよくあること。そんなときには、パパの協力が不可欠ですがどんなことをしてもらうとママたちはうれしいと感じるのでしょうか。今回は、妊娠中にしてもらってうれしかったことについて聞いてみました。

■家事を手伝ってくれた

・「つわりでつらかったときに、ほとんどすべての家事をやってくれたこと。仕事帰りで疲れていると思うのにがんばってくれていた」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「重いものを持ってくれたり、車で送迎してくれたりしてくれたこと」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「何も言えないくらい具合悪くなったときに『いいから寝てろ』とぶっきらぼうに言い放ち、家事すべてやってくれたこと」(28歳/その他/その他)

妊娠中はつわりや腰痛に悩まされる人も多いですが、そんなときに家事を手伝ってくれるのってうれしいですよね。仕事で疲れて帰ってきたときにいろいろとやってもらうのは申し訳ない気もしますが、がんばってくれている姿を見ると大事にされているなという喜びもわいてきそう。こういうパパなら出産後も家事の分担を嫌がらずにやってくれそうで安心ですね。

■安産祈願のお参りに行ってくれた

・「妊娠がわかったときに、1人で神社に祈りに行っていた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「出張で東京に行ったときにわざわざ水天宮に行ってお参りしてお守りや帯を買ってきてくれたこと」(26歳/不動産/事務系専門職)

妊娠したとわかったときに安産祈願のお参りに行ってくれたのがうれしかったという女性もいるようです。お守りや安産祈願のお札などを買い込んでくるのって、「どんなものにでもすがりたい」、「無事に子どもが生まれてきてほしい」という男性の気持ちが表れていてなんとなくほのぼのしてしまいそうですね。

■体調を気遣ってくれた

・「背中をさすってくれたり、むくんだ足をマッサージしてくれたこと」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ツワリがひどいとき、フルーツなら食べられたので、毎日の様にカットフルーツを買って来てくれたこと」(37歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「体重調整のため、好きなものが食べられずイライラしていると、『イライラしてると赤ちゃんが悲しむよ』と言って、毎日手や足を優しくマッサージしてくれました」(26歳/その他/その他)

妊娠は病気ではない、つわりくらい我慢できるという人もいますが、今までにない体の変化に対応するために体の不調を感じるのは当然のこと。そんなときに体調を気遣って食べられそうなものを買って来てくれたり、マッサージしてくれたりするパパってうれしいですよね。「おなかの赤ちゃんも喜んでる」と伝えてあげるとパパも喜ぶかもしれませんよ。

妊娠中は気持ちの面でも不安が大きいし、体調も悪くなることが多いので自分ではどうしようもないイライラを感じてしまう女性も少なくなさそう。そんなときに、いつも以上に優しく接してくれるパパの存在は何よりも心強いしうれしいはず。仕事で疲れていてもママと赤ちゃんのことを大事に思ってくれているという気持ちが伝わる言動を見せてくれると、妊娠で不安定になっている気持ちも和むもの。ちょっとした気遣いを忘れないでいてくれるだけでパパに対する信頼感が増しますよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数110件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]