お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ジャマジャマジャマジャマジャマー! 男性は元カノとの思い出の品は残す?

ファナティック

付き合っている彼氏の部屋で、「昔の彼女との思い出の品」を発見! あなたには、こんなモヤモヤする経験はありませんか? 「過去の思い出」はもちろん「過去」……。大切なのは「現在」だと頭ではわかっていても、心で受け入れるのは難しいですよね。世の中の男性たちは、「昔の彼女との思い出の品」をどうしているの? こんな質問をぶつけてみました。

Q.昔の彼女との思い出の品は残すほうですか?

 「残すほう」……34.2%
 「捨てるほう」……65.8%

捨てる派の男性がほとんどですが、3割以上の男性は残すほうです……。なぜ残すのか、そしてなぜ捨てるのか。気になる理由もチェックしてみましょう。

<昔の彼女との思い出の品……残す男性の意見>

■捨てられません
・「捨てられない。手編みのマフラー」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「メールを残している。見返すことはないが、捨てると思い出も捨ててしまいそうで捨てられない」(29歳/不動産/その他)

「思い」が詰まったものを、処分するのは無理! その「思い」が、今はもう消えてしまったものだからこそ……余計に名残惜しいのかもしれませんね。今の彼女としては複雑ですね……。

■もったいない!
・「使える服などはもったいないので、残しています」(35歳/その他/専門職)

「まだ使えるのに……」というエコな男性の意見もちらほら。気持ちは十分に理解できますが……「じゃあ、誰が使うの?」というのが大きな問題に。元カノの服を、今カノに勧めたりしたら……修羅場必至です!

では逆に、すっきり「捨てる!」という男性の意見とは?

<昔の彼女との思い出の品……捨てる男性の意見>

■リセット!
・「思い出さないために捨てる」(33歳/電機/技術職)
・「断捨離していかないとすっきりしない」(30歳/機械・精密機器/技術職)

思い出の品があれば、つい手に取ってしまうもの。そして手に取ってしまえば……思い出してしまうものです。「過去」をリセットする気持ちで、思い切って処分する男性が多いようです。

■次の恋に向けて
・「今の彼女がきっと嫌がると思うから」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「残しておいて、次に付き合う人に見られると傷付ける可能性があるから」(32歳/ソフトウェア/技術職)

こんな意見もありました。「元カノの持ち物」は、女性を微妙な気分にさせるもの。このあたりを気遣ってくれる男性は、ポイントも高めです!

■こっそりマネーに……
・「厳密にはリサイクルショップに売っています」(30歳/運輸・倉庫/技術職)
・「自分のほしいものは自分で買うので、それ以外の不要なものはヤフオク行きです」(36歳/機械・精密機器/営業職)

「捨てる」というより、むしろ「売る」!? 女性にとっての定番手段は、男性にとってももはや定番だと言えそう。これなら「もったいない」派男性も、気持ちよく処分できるのかも?

「残す」派男性は、3割以上! 決して少なくないことがわかりました。とはいえ、その理由をのぞいてみると、「元カノへの未練がある」というわけではなさそうです。もし彼の部屋でこんな品物を発見しても……冷静に対応してくださいね。嫌なものは嫌だと伝え、彼に気づきを促しましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]