お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 魅せるカラダ

彼女がダイエット中でも、食事は完食してほしいと思う男性が7割以上! その理由は……

ファナティック

食べ物を粗末にしてはいけない、残してはいけない、残すなら初めから手をつけない……。食事に対する考え方はうるさいほど幼い頃に教わったはずなのに、いつからかその考え方よりも体型維持の方が重要になってくるものです。ダイエットのために食事を残す女子に対してどう感じるのか、社会人の男性に聞いてみました。

Q.「ダイエットのためだから」とデート中の食事を残す女子をどう思いますか。

ダイエット中とはいえ食べ物を粗末にするのは幻滅 52.9%
デート中は空気を読んでちゃんと食べてほしい 21.6%
一生懸命でかわいい 15.7%
※その他を除く

7割を超える男性が、食事を残す女子に対していい印象を持たないという結果になりました。それぞれの理由を見てみましょう。

■ダイエット中とはいえ食べ物を粗末にするのは幻滅

・「常識。はじめから食べられるものにするか、2人で食べられる量にしよう」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「せっかくおいしいものを食べにいったのに、残されるのはいやなので」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「難民が何人救えるんだと思う」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

食べ物を粗末にする女性にいい印象を持たない男性は多いようです。自分が作った料理を残されたら、あまりいい気分にはならないはず。食べ物に対する認識を改めると、どのような注文をしたらいいのかわかってきます。

■デート中は空気を読んでちゃんと食べてほしい

・「マナーとして当たり前だから」(22歳/情報・IT/技術職)

・「デートで一緒においしいものを食べるために普段節制してほしい」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

たまのデートならば、ダイエットを中断して食事を楽しんだとしても、それほど大きな影響が出ることは考えられません。また自分で選んで頼んだものは、よほどの理由がない限り食べるのがマナー。ダイエットのために楽しい時間を台無しにしてしまわないよう注意しましょう。

■一生懸命でかわいい

・「自分磨きをすることは大事だから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「本気を感じる」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

肯定派の男性の意見ですが、彼が肯定派だからといってそれに甘えるのは考えものです。ダイエット中で食事制限をしていることを事前に伝えて、自分もしっかりと食べられるメニューがあるお店に行くなど、できる限りの配慮が必要です。

■ダイエット中の女性に物申す

・「ダイエットならそもそも行かないという選択肢を選んでほしい」(24歳/その他/営業職)

・「大概、ダイエットをしている人は必要がない」(36歳/運輸・倉庫/その他)

いずれにしても中途半端なダイエットの意識は他人にいい印象を与えないということです。食べないくらいなら外食に行かない、不必要なダイエットはしないなど、白黒はっきりつけたいのが男性なのです。

ダイエット中は、食事に対して神経が過敏になり、ついストイックになってしまいます。そんなとげとげした空気感を嫌う男性は多いので、デートの日は中休みくらいの緩さを持つことも必要です。男性は、自分との食事を楽しんでくれる女性が好きということを忘れないようにしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)