お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

【アラサー独女の結婚観】結婚式は盛大にやりたい? こぢんまりとやりたい?

ファナティック

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

結婚を意識するアラサー独女は、結婚式についてもそれぞれ理想があるもの。友人の結婚式に参加して、具体的に思うことも出てくるようです。アラサー独女に結婚式をするならどんな結婚式にしたいか、聞いてみました。

Q.あなたは、結婚式をするなら、どうしたいですか?

「盛大にやりたい」……20.6%
「こぢんまりとやりたい」……54.3%
「やりたくない」……25.1%

今回のアンケートでは「こぢんまり」派がもっとも多く、およそ半数という結果でした。小規模のアットホームな結婚式なら、肩肘はらない自分らしい結婚式が挙げられそうですよね。それぞれの理由を聞いてみましょう。

■「盛大にやりたい」派

・「人生1回きりなので、やるならしっかりやりたい」(31歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「盛大にやるのがあこがれだから。友だちの結婚式を見ていて、豪華な結婚式にあこがれたから」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

派手な結婚式にあこがれているアラサー独女も。人生に一度しか挙げない結婚式。せっかくなら自分の理想通りの結婚式を挙げてみたいですよね。一度きりの人生と結婚式だけは、絶対に後悔したくないものです。

■「こぢんまりとやりたい」派

<盛大なのが苦手なので、こぢんまりやりたい>

・「たくさんの人に見られるのは恥ずかしいから。また、たくさん人がいると全員に気がまわらないから」(31歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「派手にやっている結婚式を見ていると、年齢のこともあってあんまり盛大にするのは恥ずかしいと感じる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

女性によっては大勢の人目にさらされる、派手な結婚式が苦手という人も。人数が増えれば増えるほど、よく知らない参加者も増えるのが結婚式。そんな知らない人たちの目にさらせるほど、自分の花嫁姿に自信があるかというと……正直、恥ずかしく思う人もいるようです。

■「こぢんまりとやりたい」派

<本当に仲のいい人と、こぢんまりやりたい>

・「家族と親友だけでやりたい。目立つことと無駄に大金をはたくのは嫌なので」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「無駄に人数が多いだけよりも、本当に大事な人だけ交えて楽しくやりたい」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

本当に大事な人、自分の門出を心から祝福してくれる人だけを集めて、大切な時間をわかち合いたいという人も。数多くの結婚式に参加したからこそ見えてくる、「結婚式の意味」。それがわかるアラサー独女だからこそ「こぢんまりが一番!」と思うのかもしれません。

■「やりたくない」派

・「結婚式の数時間のために何百万もかかるのなら、旅行にそのお金を使いたいから」(33歳/その他/その他)

・「誰が呼ばれたか呼ばれないかでもめる。準備が大変。そのお金で旅行に行きたい」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

結婚をお披露目して、感謝を伝えおもてなしをする結婚式。ただ、それにはある程度の費用がかかるのも事実。結婚式は省略して、そのお金を旅行で使いたいという意見も少数ありました。

イマドキのアラサー独女は「こぢんまり派」が圧倒的多数なようです。結婚式の見た目や体裁よりも、今は「中身が重要」と考える女性が多いのかもしれませんね。あなたがあこがれている結婚式は派手婚ですか? 地味婚ですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数175件(26歳~34歳、未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]