お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【追い込み女子の実態】うれしくて照れちゃう! 「彼氏の強引なキス」に胸キュンした経験3つ

森もり子

なかなか返事をくれない彼氏をつい追い詰めてしまう、そんな「追い込み女子」。こんな気持ちにリアルに共感してしまう女子は多いはず。悲喜こもごもな「追い込み女子」の実態を、累計19万DL超の大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

昨年、「壁ドン」という言葉が流行りましたが、女性って案外と好きな人からの強引な行為に「キュン!」としてしまうんですよね。そこで今回は、世の女性たちに、思わず胸キュンしてしまった「彼からのちょっと強引なキス」について聞いてみました。

「振り向いたら突然キスされて、ドキッとした」(33歳)※イラスト:森もり子、書き下ろし

■突然、不意打ちのキス

・「彼と久しぶりに会ったときに、グイを腕を引っ張られてキスされてうれしかった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「振り向いたら突然キスされて、ドキッとした」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「首を引き寄せられブチュ。あんまりないのでドキッとした」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「『ちょっと来て』と言われて誰もいないところに隠れてキスした。さらっと言って強引にしてきたことにキュンとしたから」(23歳/建設・土木/事務系専門職)

ただでさえ、恋人とのキスはドキドキするものなのに、不意打ちでされたら、さらにドキドキしてしまいます!

■ケンカをしていたときのキス

・「ケンカしていたときに。ちょっと、ドキッとした」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「小言をさえぎるようなキスや、静かにさせるためにするキス。男っぽさにドキッとするから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「デートの別れ際に、少しケンカをして気まずい空気になったとき、腕を捕まれてキスされた。ケンカしたまま別れたくなかったのでうれしかった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ケンカをしていて、相手に苛立ちを覚えていたり、凹んでしまっているときにされるキス。言葉よりも確かなものを感じるのかも。

■バイバイの間際のキス

・「帰る間際に、『もうちょっと一緒にいたい』と言われて強引にされたとき、キュンとした」(27歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「別れ際、急にされたキスはドキッとした」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

どんなに楽しいデートでも、終わりはくるもの。デートの終わりがけって切ないですよね。ちょっと悲しい気分のときに、やさしいキスをしてもらえたら、帰り道もうきうきとした足取りになれそうです。

女性たちが胸キュンしてしまった彼からの強引なキスの数々に「私もそのシチュエーション好き!」と共感した人も多いことでしょう。草食系で、なかなかそういうキスをしてくれない彼にちょっと不満がある人は、逆に自分から仕かけてみては? 「この子、こういうのも好きなんだ」と察し、いつか彼のほうからしてくれるかもしれません。

(ファナティック)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数152件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]