お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性が耳元でささやかれると「ドキッとするひと言」3つ

ファナティック

耳元で言葉をささやくのは、とても親密な関係に限って許されることです。特別な感情を相手に与えたいときにこの方法をとるという女性も多いでしょう。そこで今回は、女性にささやかれてうれしい言葉を、社会人男性に聞いてみました。

■愛の言葉

・「好きとか、直接的な愛情表現の言葉」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『愛してる』とささやかれるとドキッとする」(33歳/機械・精密機器/技術職)

あらたまって耳元で言われると、本気で好きなんだなと感じてもらえそうですね。愛情表現が乏しいと言われる日本人。普段の会話ではなかなか言う機会もないので、ふいに耳元でささやいてみると彼との愛も深まりそうです。

■妄想が止まらない

・「『このあとどこに行こうか?』みたいなセリフ。みんなでいる飲み会とかで」(35歳/建設・土木/技術職)

・「『酔っ払っちゃった』。妄想が広がるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

直接的な言葉ではないものの、逆に男性の妄想を広げてしまう言葉です。気になる男性をドキドキさせたいなら、雰囲気を読んで仕掛けてみるといいかも。

■ストレートな言葉で瞬間着火

・「『今日抱いて』。彼女ではないが、仲のいい女性に言われてドキッとした」(36歳/運輸・倉庫/その他)

下手に駆け引きに出るよりも、ストレートな言葉のほうが男性も返答に困らず、うれしいかもしれません。自分の欲求が我慢できないとき、ここぞというシーンで使いましょう。

いかがでしたか? 耳は人によってはかなり敏感なパーツ。ちょっとした言葉がかなり含みをもって聞こえてしまうこともあります。場違いなところで、男性をその気にさせてしまわないよう、気を付けてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]