お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どこから攻める? 彼に結婚を意識させるために実践していること4つ

ファナティック

「結婚はいずれ、自分たちのタイミングで……」なんて思っていても、実際に親しい友人の結婚報告を聞くと焦りも生まれてしまうもの。「自分の彼にも、がんばってほしいい!」と思いますよね。そこで今回は、働く女性に彼に結婚を意識させるためにやっていることを聞きました。

■はっきりと

・「もういい年齢だから、あんまり待てないよと直接はっきりと言っています」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「最初に、結婚願望があることを伝えた。そうしたら、いろんなことを真剣に考えてくれ、むしろ、自分よりも先のことを考えている」(32歳/学校・教育関連/技術職)

この年代になれば、お付き合いの先に「結婚」を意識したいのは、むしろ当たり前のこと! 鈍感な彼ほど、はっきりと伝えておくべきなのかもしれませんね。

■やんわりと

・「結婚式会場の近くを通る」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「『ゼクシィ』を置く」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「街ですれちがう夫婦や子連れをみて、時折ウザくない程度に『いーよねー』と同意を求める」(27歳/金属・鉄鋼・化学/販売職・サービス系)

露骨にやりすぎると嫌がられそうな気もしますが、彼の気持ちを探る意味では有効かもしれません。

■胃袋から……

・「料理を振る舞って、また食べたいと思わせる。誕生日に作ったら、毎日食べたいと言ってもらえた」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「彼の家に行ったら料理など家事をする。でも自分は料理が上手じゃないのでまったく進展しない」(33歳/医療・福祉/専門職)

料理を振舞って「毎日食べたい」と言わせればこっちのものです。

■外堀から……

・「彼の両親に会う機会を増やすこと。親からもせかされるように持っていく」(24歳/食品・飲料/専門職)

自分だけで物事を進めるのに限界を感じたら、ぜひ彼の両親を味方につけてしまいましょう! 彼の両親にとっても「息子の結婚」は大問題! きっと協力してくれますよ。

いろいろな意見が集まりました。とはいえ、現実には……「何もしていない。結婚をちらつかせたら、別れられそうなので」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)と考える女性もいますよね。効果的なアピール方法は、彼のタイプによっても異なるもの。ぜひ慎重に見極めながら、ベストな方法を検討してみてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数132件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]