お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「デートしてみたけど、あの子ないわ」 男子が遠まわしにフェイドアウトする時に放つセリフ6選

相羽亜季実/OFFICE-SANGA

メール「今度デートしようよ」「いいよ!」なんて軽いノリで何度か会ったものの、そこから先に進まないこともあるのでは? 彼からの連絡を待ちつつ、送られてくるメッセージの意味を深読みしたり……。そこで今回は働く男性に、女性と3回以上デートしたけれど、関係を断るときにどう告げるのか聞いてみました。

■この男、多忙につき……

・「仕事が忙しくなりそうだから、と言う(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「これから忙しくなって会いづらいかも、という」(36歳/運輸・倉庫)

急に「忙しい」と仕事を理由にしてくる男性は、実は気持ちが冷めているのかも? 彼女にしたいと思うなら、なんとか会う時間をつくろうと努力したり、LINEなどでこまめに連絡したりするはずですよね。この言葉が飛び出したら、脈ナシの可能性大かも!

■フェードアウトを狙う

・「次のデートの約束を、予定が詰まってるから改めて連絡する、ということにして距離をおく」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「だんだんと連絡の頻度を落とす」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「電話に出ない」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

連絡くれるって言ってたんだけど、おかしいな……。LINEを送っても既読スルーならまだマシ、もはや未読スルーが当たり前になってしまえば自然消滅を狙っている可能性あり。こういうときは、あまり期待しないほうがいいのかもしれませんね。

■「脈ナシ」と顔に書いてある

・「急に素っ気なくしてみる」(22歳/情報・IT/技術職)

・「あまり楽しそうじゃないような態度をとってしまう」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

興味がないことを露骨にアピールすることで、女性に気づいてもらう作戦でしょうか。わざわざ出てきて嫌な態度をとるくらいなら、約束の段階で断ってよ~! 脈ナシだとわかるだけでなく、つまらない時間を過ごすなんて悲しすぎます。

■試合終了!

・「彼女ができた、と告げる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ほかの人とのデートの話をする」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ヒマだったから、デートしただけで本命は別にいるのだと、遠回しに伝える小ワザです。学生時代ならそれでもチャンスを待つことができたかもしれませんが、大人になるにつれてそういうわけにはいかず……。このセリフを聞いたら、さっさと次へ行きましょう!

■今まで黙ってたんだけど

・「海外に10年ほど旅に出るので、もう二度と会えないかもしれない、と言う」(31歳/その他)

遠距離恋愛ならまだしも、「旅人」というフリーダムな存在にジョブチェンジですか。そこまでして関係を断ち切りたいの? 私がそんなに嫌いなの!? 自暴自棄になってしまいそうですが、次の日に街中でバッタリ会ったりして……! 笑えないですね。

■どうせならハッキリと!

・「『ごめんね。僕たち合わないみたい』って言う」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「遠まわしではなく、単刀直入に言います」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

ハッキリ告げられたら傷ついてしまいますが、ウソをつかない誠意ある対応ともいえます。それでも、何度かデートをして好きな気持ちが大きくなっているときには、受け止めがたいこと。キツい言い方は避けてほしい……。

最近、男性のほうが別れたと思っているのに、女性にはまったくそんな認識がなかったという芸能人カップルが世間を騒がせましたね。はっきりと言葉で気持ちを伝えなかったから、ズレが生じたのかもしれません。恋は始まるときよりも、終わるときのほうがよっぽど大変。それをわかっていても、性懲りもなく何度でも恋しちゃってください!

(相羽亜季実/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数106件(22~39歳の社会人男性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]