お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

手放せない女になるには? 「俺がいないとダメだな」と感じる女性の特徴4つ

ファナティック

男性にとって、女性が自分を必要としてくれていることほどうれしいことはありません。だからといって自分から「あなたがいないと生きていけないの」というのは男性にとっては重すぎます。そこで今回は、男性たちに「俺がいないとダメだな」と感じる女性を特徴について聞いてみました。

■精神的に弱い

・「落ち込みやすい性格の女の子はそうです」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「精神的に弱くて常に誰かに支えてもらうことを求めている人。仕事でミスしたりするたびに、夜遅く家にきて泣かれた」(36歳/機械・精密機器/営業職)

興味のない女性なら面倒くさいと思ってしまうような言動も、好きな女性にされると守りたいという欲が生まれるものです。逆にどんなミスやトラブルもはねのけて、自分の糧にしていってしまうような女性は、「俺なんか必要ない」と思われてしまう可能性もあります。

■ドジな一面がある

・「おっちょこちょいで方向音痴。初めての場所でどこどこに集合と言ってちゃんと来たことがない」(29歳/不動産/その他)

・「同じドジを何回もする」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

ひとりで行動させるのが不安になるドジっ子は、男性に自分がリードしなければいけないと感じさせるよう。とにかく目を離せない、何をしてしまうかわからないというところが、そばにいたくなる理由のようです。

■ひとりでできないことが多い

・「電化製品の配線が苦手。テレビを買い替えてもビデオをつないだりするのが苦手。やってあげると目を輝かせて喜んでくれるのがよい」(37歳/金融・証券/営業職)

・「旅ができない女子。一緒じゃないと旅行に行けない」(33歳/金融・証券/専門職)

男性の手を借りなければできないことが多い女性も、守りたいと思われる素質を持っています。説明書など見なくても配線をつないでしまったり、女一人旅を満喫していると、男性の出る幕がなくなってしまいます。

■頼ってくる

・「手伝ってほしいとよく頼んでくる女性。自分がいないと何もできない女性は、自分が一緒にいないとダメだなと思う」(27歳/情報・IT/技術職)

・「いろんな面で俺に依存して頼ってくる」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

男女の関係において、依存することは決していいことではありません。ですが、心情的に頼られるとうれしいという男性は多いようです。どんな手段を使ってでも自分で解決しようというハングリー精神は、ときとして男性の面目をつぶしてしまう場合があるのでご注意を。

■まとめ

男性の「守りたい」という気持ちを刺激するのは、やはりか弱い女の子の言動のよう。その男性を何が何でもつなぎとめておきたいのか、お互いに自立した関係を望むのかでも自分の取るべき行動が変わってきますが、やはり男性に「手放せない」と思ってもらいたいというのが女心。普段は自立して強く生きている女性も、たまには大好きな彼に弱い面を見せるようにすると、「俺がいないとダメだな」と感じてもらえるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]