お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女のお仕事スタイル

いつか会社を辞めるかも? 頭に入れておきたい「スムーズに転職するための4つのコツ」

ファナティック

情報収集この頃、仕事がちょっとマンネリ気味。人間関係も厳しいし、転職したい……そう思っている方も多いのでは? でも、やめるにしても引き継ぎや転職活動に使える時間がない!  そんなとき、まわりのみんなはどうしているのでしょう? そこで今回は、忙しくて転職活動が難しいとき、どうすればうまく両立できるのか、働く女性の考えを聞いてみました。

まずは経験者に相談するのが一番!

・「転職したことのある人に経験を聞く」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「そういう職業の人に相談してみること。情報を集めるために友だちなどに転職の意思を伝えておくのもいいかもしれない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「人脈をいろいろなところに作っておいて、情報を集める」(28歳/学校・教育関連/専門職)

転職経験者に話を聞けば、それとなく転職の大変さや時間の使い方などが見えてくるはず。まわりにそういう人がいるのなら、参考として聞いておくのもよさそうですね。

時間を有効活用して情報収集

・「移動時間にネットやメール確認したら、いいかも」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「スマホなどを使って、隙間時間で情報収集したりするのがいい」(32歳/不動産/専門職)

・「お昼の時間を利用して、求人を確認・応募したりする」(27歳/情報・IT/クリエイティブ職)

とにかく忙しく、家に帰るのも遅い日々。そうなると、家に帰ってまでPCを開いて情報収集するのも疲れますよね。そんなときは、スマートフォンを使い通勤・帰宅中にネットで情報を集めれば、はっきりとは決められなくても、とりあえず候補を絞り込むことはできそうです。

効率よく、週末をフル活用!

・「休日に集中的に面接をいれること」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事後や週末に時間をつくるしかない」(31歳/学校・教育関連/技術職)

平日は忙しくて面接に行くこともできない、という人は週末の時間を活用してみてはいかがでしょうか。面接をそこに集中させたり、休みの日は転職活動に専念するという手も。

すっぱり会社をやめて、落ち着いて転職活動

・「辞めたあとしばらく仕事をしない期間を設ける。その間に就職活動すればいい。雇用保険もあるし、働きながら探す必要はない」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「本気で転職したいと思っている場合は、今までの貯蓄や失業保険などで生活することも覚悟して、まず会社を辞める」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「思い切って今の仕事をすっぱり辞める。失業保険が切れたら死んでしまうというくらいの背水の陣で仕事を探す」(25歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

休みなど関係ないほどに仕事が大量にあってどうしようもない。という人は、思い切って会社をやめるという選択肢も。仕事で疲れ、さらに転職活動で身も心もボロボロになってしまったら、本末転倒ですよね。一時、生活は苦しくなるかもしれませんが、お尻に火がついたほうが短期で結果がだせるかも。

働く女子からすると、本気で転職したいと考えるのならば、何かを犠牲にしなければ難しいと考えている方が多いようですね。それでも、どうしても時間がつくれなくて……という場合は、仕事を辞めて時間を確保することもひとつの手。転職願望があるのなら、まずは行動してみることからはじめてみませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数205件(22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 女のお仕事スタイル