お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あなたはどちら? 働く女性が彼氏にしたいのはプロ級の腕前を持つ料理好きor料理オンチ?

ファナティック

一般的に「料理ができる男性」は、女性の間で非常に評価が高いと言われています。彼のお家でおいしいものを作ってもらえたらうれしいですよね。そこで今回は、世の女性たちにこのようなアンケートを採ってみました。

Q.付き合うならどちらのタイプがいいですか?

 「プロ級の腕を持つほどの料理好き」……66.0%
 「料理がまったくできない料理オンチ」……34.0%

やはり、料理ができる男性はモテる! ということでしょうか。過半数の女性が、料理の上手い男性を支持しています。では、それぞれの回答を選んだ理由を教えてもらいましょう。

<「プロ級の腕を持つほどの料理好き」派の意見>

■私においしいご飯を作って!
・「お母さんレベルにできる。世話してもらいたいから」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「料理がとにかく好きで、いつも作ってくれる人がいい」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「びっくりするくらいおいしい料理を作ってほしい。かっこよく見える」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

料理は常に彼女がやるもの、と決まっているわけではありません。彼が料理好きで、おいしいご飯を振る舞ってくれるのであれば、お家デートの際になど、手料理を食べさせてもらいたいですよね。

■将来のことを考えると……
・「家庭料理が簡単に作れるくらい。結婚して自分が寝込んだときに子どもと自分に作れると助かるから」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「家庭料理はいくつかできる。自分が残業が多いため、食事の準備がひとりでできるくらいであってほしい」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「2、3品のおかずはササッと作れるくらい。自分にもしものことがあったとき、彼自身や子どもが困らないように」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚してからのことを考えると、料理ができる男性ならば、家事の両立もしやすいというもの。片方だけに負担が掛かる可能性は、できるだけ排除したいものです。

では逆に、「料理オンチ」を支持した女性たちにはどのような理由があるのでしょうか?

<「料理がまったくできない料理オンチ」派の意見>

■料理が上手いと劣等感……
・「まったくできないくらいで構わない。自分より上手かったらちょっとショゲる」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「あんまり上手だと口出しされそうなので料理できなくていい」(31歳/建設・土木/事務系専門職)
・「自分より下手なほうがいい、上手だったら料理を作ってダメ出しされそうだから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

男性って、好きなことには何事ものめり込んでしなうタイプが多いんですよね。料理を極めたおかげで、彼女の作ったものにもブラッシュアップを求めてきたらいい気はしません。

■私の料理で喜んでもらいたい!
・「喜んでおいしそうに食べてくれると思うから。感謝してくれると思うから」(24歳/食品・飲料/専門職)
・「料理ができるだけで有り難みをいつも持ってもらえるから」(27歳/建設・土木/販売職・サービス系)
・「私のご飯でも十分おいしいと言って食べてくれると思うので」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

料理が下手な男性は、普段外食か簡単なものしか口にしていません。料理があまり得意じゃなくても、そんな彼だったら手料理に感動し、「おいしい!」と喜んでくれるはず!

もし、彼と一緒に暮らすのであれば、料理のセンスや考え方も似通っているといいものです。料理オンチの彼であれば、自分で教育して、「特技・だし巻き卵!」のようにお料理上手な彼になるように教育してしまいましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数206件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE