お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やっぱり離れたくない!? 男性が別れを思いとどまった彼女の行動3選

ファナティック

大好きな彼氏から別れを告げられたとき、またはそんな雰囲気を感じ取ってしまったとき、一体どうすれば彼の気持ちを繋ぎとめることができるのか、女性の多くが気になっているはず。そこで今回は、実際に男性たちが別れを思いとどまったという彼女の行動について聞いてみました。

「もう一度やり直したい」と言われた

・「悪いところ全部直すから、もう一度チャンスがほしいと言われた」(32歳/電機/技術職)

・「もう一回やり直してみようと言われたこと。ケンカばかりだったが相手に言ってもらえて思いとどまった」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「別れたくないと言われたとき。ストレートに言われると弱いから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

彼女のストレートな反応に考え直そうと思ったという男性意見が多数。ケンカが続いていて相手に対するイライラが募っていたとしても、彼女の「やり直そう」のひと言で、男性の気持ちに変化が起こるのかもしれません。

感謝の気持ちを伝えられた

・「自分がいてくれてよかったみたいなことを言ってくれる。すると、まだ別れないで、もうちょっと一緒にいてみるか、と思う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「彼女が寂しそうな顔をしながら、(彼女に)『ありがとう』って言われたときに、こいつしかいないなと思いとどまった」(27歳/情報・IT/技術職)

別れようと思っていたことを責められる覚悟をしていたのに、逆に「今まで一緒にいられてよかった」や「ありがとう」などと言われたことで、その瞬間にずっと一緒にいるのはこの人しかいないという気になる男性も。決定的な別れの理由でもない限り、自分と一緒にいたいという女性をバッサリ切り捨てることはできないようですね。

泣かれた

・「浮気を泣きながら反省していたこと」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「もう浮気はしないからと言われ、別れを思いとどまった。彼女をもう一度信用しようと思ったから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ものすごい大泣きされて自分が守ってやらないとダメだと感じた」(31歳/食品・飲料/技術職)

女性の涙に弱い男性は多いですが、別れを思いとどまらせるのもやっぱり女性の涙。浮気をした彼女だったとしても泣きながら反省している姿を見ると、もう一度やり直してみようかという気持ちになるようです。泣いている女性に対しては、男性の保護本能が自然と働いてしまうみたいですね。

まとめ

「別れる」と決めるまではいろいろと葛藤があった男性も、彼女の行動次第で別れを思いとどまることがあるようです。たとえ、彼から別れようと言われたとしても相手を責めず、今まで一緒にいてくれたことへの感謝の気持ちを伝えたり、やり直したいという気持ちをぶつけてみたりすることで、彼の決心を変えることも無理ではないと覚えておいたほうがよさそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE