お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今度こそ長続きしたいなら! ラブラブカップルに聞く! いつまでも仲良くすごすための2人のルール5選

ファナティック

仲良くすごすための2人のルールルールというのは人と人がうまく付き合っていくために必要なもの。世の中にルールが存在しなければ、いろいろともめ事が起きてしまうようにカップルの間にも2人だけのルールが存在して初めて、ラブラブな関係が続くのかもしれませんね。そこで、今回は社会人男女に「2人の間だけで決めているルール」があるかどうか聞いてみました。

【女性編】

Q.あなたは彼氏・彼女との間に、2人だけのルールがありますか?

「はい」16.6%
「いいえ」83.4%

【男性編】

Q.あなたは彼氏・彼女との間に、2人だけのルールがありますか?

「はい」21.4%
「いいえ」78.6%

男女ともに「2人だけのルールがある」という回答の方が少数派。もしかしたら、2人の間では自然なこと過ぎてルールだと認識していないこともあるのかも。では、ルールがあると回答した人には、どんなルールなのか詳しく聞いてみましょう。

【女性編】

メールや電話はルールに沿って

・「毎日、10時に連絡を取り合う。遠距離なので、お互いの近況がわかるように」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事中はLINEを送らない。送るなら相手の休憩時間に」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「彼は酒乱だから飲んだ日は電話しない。私はもし彼からかかってきてもその日は出ない。理由はそれで何度も喧嘩になったから」(26歳/その他/その他)

カップルなら連絡を取り合うのは当然のことですが、時間を決めておくというのは大事なことかも。相手が仕事中にメールや電話をすると迷惑になるという気遣いも社会人同士なら当たり前。お酒を飲んだ彼とケンカをしたくないから飲んでいるとわかっていたら電話に出ないというのは、カップルならではのルールですね。

ケンカを長引かせない

・「謝ったら許すと決めている」(31歳/金融・証券/営業職)

・「ケンカを長引かせない、ちゃんと話し合う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

ケンカするほど仲がいいとも言われますが、できればケンカはしたくないもの。もし、ケンカしてしまったらいつまでも長引かせるのではなく話し合って解決するというルールを決めておくと「なんとなく連絡しづらい」という状況も避けられそう。どちらかが謝ったらケンカは終わりというのも後々まで響かなさそうですね。

言葉や態度で愛情表現する

・「『いってらっしゃい』と『おやすみ』のキスは必ずする」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「電話やメール、デートなど相手と話す機会があるときは、必ずどこかで愛の言葉を口にし合うこと。お互い愛されていることを実感できるので、幸せな一日で終わることができるので」(28歳/機械・精密機器/技術職)

付き合っていたらお互いに相手のことを好きだという気持ちがあることは間違いないですが、心の中で思っているだけでは不安になることも。「愛してる」という気持ちを言葉や態度で示すのが恥ずかしいという人も多いでしょうが、ラブラブでいるためには欠かせないこと。愛されていると実感できるのって幸せですよね。

【男性編】

連絡をきちんと取る

・「行方不明にだけはならないこと。生存確認の返事はすること」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「電話には必ず出ること」(26歳/電機/技術職)

メールに返信がなかったり、電話をかけても出なかったりすると相手のことが心配でたまらなくなるので「電話には出る」というルールを決めているカップルもいるようです。仕事中などで出られないこともあるでしょうが、「この時間なら帰っているはず」と思った時間に電話しても出ないとなると不安だけでなく浮気なども疑ってしまいそうです。

隠し事をしない

・「思ったことは溜めこまずに言う」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「何でもちゃんと話すこと」(31歳/金融・証券/専門職)

・「お互いに隠し事をしないということ」(27歳/情報・IT/技術職)

「こんなことを言ったら嫌われるかも」と言いたいことをずっと我慢していたら、いつか大爆発してしまいそう。そうならないためにもお互いに思ったことは隠さず言い合うというルールは必要かもしれませんね。ただし、言いたいことを言うといっても相手に対する気遣いや思いやりは忘れないようにしましょうね。

どのルールも決して難しいことではなさそうですね。でも、ルールとしてきちんと決めておくのとなんとなくやっているのとでは大違い。相手に対する真剣な気持ちがあって、長く付き合いたいと思うからこそルールは決めておいた方がお互いに不安を感じることも少なくなるのかも。守らなかったからといってケンカになってしまうと元も子もありませんが、それを守ろうとするか、守れなかったときにどんな態度を取るのかということも含めて相手のことをじっくりと見るチャンスにもなりますよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数322件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE